岡田鯱彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡田 鯱彦(おかだ しゃちひこ、1907年12月28日 - 1993年8月4日)は、日本の国文学者、推理小説作家小説家

人物[編集]

本名は、岡田藤吉。本格長編やサスペンスのほか、『源氏物語』や『雨月物語』といった古典に取材した作品がある。1962年で創作は途絶え、1973年に活動を再開したが、1976年に捕物帳連作を最後に再び沈黙した。

デビューとしては、1949年、ユーモア小説「天の邪鬼」が懸賞に当選。同年に『宝石』誌の第3回懸賞募集に応募した「妖鬼の呪言」が短篇懸賞の選外佳作となり、また「噴火口上の殺人」が『ロック』誌の第2回懸賞募集に1席入選し、同誌に掲載された。

経歴[編集]

東京生まれ。東京物理学校(現 東京理科大学)を卒業した後、1935年第一高等学校卒、東京帝国大学文学部国文科に入学し、1938年卒業。1940-45年名古屋陸軍幼年学校の教官を務めた。第二次大戦後、東京青年師範学校教授、1949年から東京学芸大学教授、1971年定年、聖徳学園短期大学教授。[1]

著書[編集]

  • 『聖僧黙山和尚』岡田藤吉 人文閣 1943
  • 『紅い頸巻』東方社 1955
  • 『幽溟荘の殺人』東方社 1955
  • 『裸女観音』東方新書 1955
  • 『噴火口上の殺人』東方社 1955
  • 『薫大将と匂の宮』東方社 1955 「源氏物語殺人事件」春陽文庫、旺文社文庫、原題で扶桑社文庫
  • 『樹海の殺人』春陽堂書店 1957
  • 『黒い太陽の秘密』東光出版社(少年少女最新探偵長編小説集) 1958
  • 『地獄の追跡』和同出版社 1958
  • 『予告殺人』同光社出版 1958
  • 『黒い断崖』同光社出版 1958
  • 『あやかしの夜 エロチック・ファンタジイ』あまとりあ社 1958
  • 『犯罪の足音』光風社 1958
  • 『黒い疑惑』同光社出版 1959
  • 『樹海殺人事件』小説刊行社 1960
  • 『断崖殺人事件』小説刊行社 1960
  • 『殺意の渦』昭和書房 1961
  • 『恐怖の影』青樹社 1963
  • 『岡田鯱彦名作選』河出文庫 2001
  • 『岡田鯱彦探偵小説選』全2巻 論創ミステリ叢書 2014

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 細川涼一「岡田鯱彦論ノート」『叢書想像する平安文学第7巻』勉誠出版、2001