岡谷惣助 (9代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡谷 惣助(おかや そうすけ、嘉永4年2月7日1851年3月9日) - 昭和2年(1927年2月8日[1])は、日本実業家愛知銀行岡谷鋼機の設立者。第百三十四国立銀行頭取や、貴族院多額納税者議員等も務めた。

来歴・人物[編集]

尾張国名古屋出身。家業の金物業を引き継いで再建にあたるとともに、為替なども扱い、1878年第百三十四国立銀行初代頭取。1896年には愛知銀行を設立して初代頭取に就任した。1906年貴族院多額納税者議員。1909年家業を法人化して岡谷合資、岡谷保産合名を設立[2]

親族[編集]

十代目岡谷惣助は三男[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デジタル版 日本人名大辞典+Plus(コトバンク)
  2. ^ 20世紀日本人名事典 「岡谷 惣助(9代目)」 コトバンク
  3. ^ 人事興信録 8版 人事興信録 13版


先代:
(初代)
愛知銀行頭取
初代:1896年 - 1909年
次代:
渡辺義郎