岡部仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

岡部 仁(おかべ ひとし、1947年10月15日[1] - 2003年11月14日[2])は、日本のドイツ文学者。

東京都生まれ。東京都立大学大学院修士課程修了。大阪女子大学講師、助教授、東京都立大学助教授、教授。

共著[編集]

  • 『プリスマ 川村二郎をめぐる変奏』共著 川村二郎先生退職記念文集刊行会編 小沢書店 1991

翻訳[編集]

  • ゲルショム・ショーレムカバラとその象徴的表現』小岸昭共訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1985
  • マックス・コメレル『カルデロンの芸術』法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1989
  • ゲルショム・ショーレム『ベルリンからエルサレムへ 青春の思い出』法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1991
  • ハンス・ペーター・デュル『夢の時 野生と文明の境界』須永恒雄,原研二,荻野蔵平共訳 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1993
  • ハンス・マイヤー『同時代人ベンヤミン』法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 1994
  • ルッツ・ミュラー『魔術 深層意識の操作』青土社 「叢書」象徴のラビリンス 1996
  • エーリヒ・アウエルバッハ『世界文学の文献学』高木昌史,松田治共訳 みすず書房 1998
  • マンフレート・ヴェールケ『未来を失った社会 文明と人間のたどる道』青土社 1998
  • ノルベルト・ボルツ,ヴィレム・ファン・レイイェン『ベンヤミンの現在』法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス 2000
  • ヴァルター・ベンヤミン『ドイツ悲哀劇の根源』講談社文芸文庫 2001
  • アルブレヒト・シェーネ『エンブレムとバロック演劇』小野真紀子共編訳 ありな書房 2002

脚注[編集]

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 『人物物故大年表』