岡部憲章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡部 憲章
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都武蔵村山市
生年月日 (1958-04-11) 1958年4月11日(60歳)
身長
体重
183 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1976年 ドラフト外
初出場 1978年4月2日
最終出場 1989年10月15日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

岡部 憲章(おかべ のりあき、1958年4月11日 - )は、東京都武蔵村山市出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

東海大相模高在学中は控え投手として甲子園に3回出場。しかし後に同校や東海大甲府高の監督として名を馳せる左腕エース・村中秀人の陰に隠れ、2年次の1975年春の選抜の準決勝で、堀越高を相手に9回裏1イニングを投げたのみに終わる。

1976年オフに、ドラフト外日本ハムファイターズへ入団[1]

1978年4月2日ロッテ戦(川崎)で初登板を果たし、1979年スライダーシュートを習得。1980年5月24日近鉄戦(後楽園)で初勝利を挙げ、1981年には大宮龍男の好リードも光り、先発投手の一人として13勝を記録。防御率2.70と最優秀防御率を獲得し、19年ぶりのリーグ優勝に貢献[1]。同年の読売ジャイアンツとの日本シリーズでも2試合に登板、第3戦では先発に起用される。

しかし、その後は成績が低迷し、1987年オフに藤原仁とのトレードで阪神タイガースに移籍[1]。移籍初年度の1988年は5年振りの完投を記録するなど先発・中継ぎで活躍するものの、1989年限りで現役を引退[1]

1990年に読売ジャイアンツへ打撃投手として入団。巨人入団当時、高校でチームメイトだった原辰徳はまだ現役で、前年オフには日本ハムから同じく高校のチームメイト津末英明も巨人に移籍してきていたため、それぞれの役割は違えど、プロで初めて同じチームに揃った。2006年限りで退団し、東京都中野区に飲食店を開店した。2007年からはクラブチーム「浦和ディアーズ」のコーチへ就任し、2009年からは監督を務める。

2015年日本ウェルネススポーツ大学のコーチに就任[2]。現在は退任。野球塾で指導を行っている。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1978 日本ハム 11 2 0 0 0 0 1 0 -- .000 82 17.1 23 4 9 0 1 15 0 0 16 15 7.94 1.85
1979 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 37 7.0 11 1 6 0 0 6 0 0 4 4 5.14 2.43
1980 25 5 1 0 0 2 4 0 -- .333 268 61.2 66 15 17 0 2 46 0 0 40 38 5.52 1.35
1981 27 13 5 1 2 13 2 0 -- .867 524 130.0 103 8 46 0 2 88 4 0 42 39 2.70 1.15
1982 25 18 1 0 0 4 5 0 -- .444 474 102.2 115 12 55 4 0 60 5 0 59 51 4.46 1.66
1983 24 18 2 1 0 5 6 0 -- .455 510 117.2 121 14 54 2 3 61 2 0 53 49 3.75 1.49
1984 22 8 0 0 0 1 4 0 -- .200 288 63.1 68 9 30 1 0 28 0 0 45 43 6.11 1.55
1985 25 3 0 0 0 0 3 0 -- .000 247 57.1 53 10 27 2 0 37 3 1 33 31 4.87 1.40
1986 34 0 0 0 0 2 0 1 -- 1.000 211 52.0 49 5 13 0 2 32 1 0 18 17 2.94 1.19
1987 26 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 137 31.0 36 4 6 0 3 24 1 0 19 16 4.65 1.35
1988 阪神 44 3 1 0 0 3 2 0 -- .600 280 68.1 67 7 17 1 2 52 1 0 31 31 4.08 1.23
1989 6 0 0 0 0 0 1 0 -- .000 25 5.1 7 0 1 0 1 4 0 0 6 3 5.06 1.50
通算:12年 273 70 10 2 2 32 29 1 -- .525 3083 713.2 719 89 281 10 16 453 17 1 366 337 4.25 1.40
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 34 (1977年 - 1987年)
  • 13 (1988年 - 1989年)
  • 114 (1991年 - 2006年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、118ページ
  2. ^ スポーツ部 活動紹介

関連項目[編集]