岡部誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岡部誠
Makoto-Okabe20110804.jpg
2011年兵庫サマークイーン賞表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県刈谷市[1][2]
生年月日 (1977-03-03) 1977年3月3日(42歳)
血液型 A型
騎手情報
所属団体 愛知県競馬組合
所属厩舎 藤ヶ崎一人
勝負服 桃、胴白山形一本輪、袖白二本輪
初免許年 1994年
テンプレートを表示

岡部 誠(おかべ まこと、1977年3月3日 - )とは、地方競馬名古屋競馬場藤ヶ崎一人厩舎所属の騎手である。

来歴[編集]

1994年9月29日に地方競馬の騎手免許を初めて取得[2]。同年10月16日の名古屋競馬第1競走にてヨシタカクィーンで初騎乗し7着[1][2]。続く第2競走でセルリアンフェアリに騎乗し初勝利を挙げる[1][2]

1999年4月10日中京競馬場で行われたあざみ賞(旧4歳500万円以下)にてスマイルマドンナでJRA初騎乗。16番人気で11着となる。

2004年4月17日阪神競馬場で行われた第8競走(4歳以上1000万円以下)をゲイリーファントムで制しJRA初勝利を挙げる[3]。この年は155勝を挙げ、初の名古屋競馬リーディングジョッキーとなる[4][5]

2005年東海ステークスミツアキサイレンスに騎乗し、JRA重賞初騎乗を果たし14着となる。

2006年1月30日、名古屋競馬第5競走(サラ3歳3組条件戦)をマウタンで逃げ切り優勝(10頭立て1番人気)し、8190戦目で地方競馬通算1000勝達成[6]

2011年菊花賞

2007年高松宮記念でモンローブロンドに騎乗し、JRAGI競走初騎乗となったが、最下位18着となる。同年5月31日からマカオ短期免許で遠征[7]6月23日に遠征21戦目にしてマカオ初勝利を挙げ[8]6月30日にはマカオスターオブザサンドステークス(マカオローカル G2)を12頭立て最低人気(単勝73倍)だった I am Famous で制し、遠征2勝目がマカオ重賞初勝利となった[9]。現地では9月1日まで騎乗し、合計7勝を挙げた[10]

2008年6月6日、ヒシウォーシイで東海ダービー初制覇[11]

2010年9月15日、名古屋競馬第5競走にて地方競馬通算2000勝を達成[1][12][5]

2011年10月23日第72回菊花賞にJRA所属馬に騎乗し中央競馬八大競走に初騎乗した。

2012年11月22日、笠松競馬第10競走にて地方競馬通算2500勝を達成。

2019年2月28日の名古屋競馬で1日8勝の地方競馬新記録を達成した(NARに記録が残る1973年以後)。また、前日27日の第12競走からの8騎乗機会連続勝利も同日に併せて記録している[13]

受賞・表彰歴[編集]

  • 名古屋競馬騎手リーディング(2004年、2006 - 2011年、2013年、2017年)[4]

主な騎乗馬[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 名古屋けいば所属の岡部誠騎手 通算2000勝達成!! (PDF) (名古屋けいば、2010年9月15日)
  2. ^ a b c d 騎手名鑑(名古屋けいば)
  3. ^ 岡部誠騎手、JRA初勝利(netkeiba.com、2004年4月18日)
  4. ^ a b 歴代リーディング(名古屋けいば)
  5. ^ a b ジョッキーインタビュー 岡部 誠騎手(名古屋)(オッズパーク、2010年9月27日)
  6. ^ 愛知の岡部誠騎手、地方通算1000勝達成 - netkeiba.com
  7. ^ 岡部誠騎手(愛知)が2カ月間のマカオ遠征へ(地方競馬全国協会、2007年5月28日)
  8. ^ マカオ遠征の岡部騎手が遠征初勝利(netkeiba.com、2007年6月24日)
  9. ^ 岡部誠騎手がマカオで重賞制覇 - netkeiba.com
  10. ^ マカオ遠征の岡部騎手、最終日は未勝利(netkeiba.com、2007年9月2日)
  11. ^ 東海ダービー、ヒシウォーシイが3連勝で重賞初V(netkeiba.com、2008年6月6日)
  12. ^ 岡部誠騎手、通算2000勝達成(netkeiba.com、2010年9月15日)
  13. ^ 岡部 誠騎手 1日8勝達成!!”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年3月1日閲覧。
  14. ^ 2012年名古屋グランプリレース結果 - JBIS、2014年12月26日閲覧
  15. ^ 2014年名古屋グランプリレース結果 - JBIS、2014年12月25日閲覧

関連項目[編集]