岡野包住

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岡野 包住(おかの かねずみ、明暦元年(1655年) - 元禄15年9月5日1702年10月25日))は、江戸時代前期から中期の武士播磨国赤穂藩士。通称は、金右衛門(きんえもん)。

生涯[編集]

明暦元年(1655年)、赤穂藩士・小野寺又八の子として誕生。母は同藩士・多川九左衛門の女。兄に小野寺秀和、子に岡野包秀がいる。また、姉婿に大高忠雄がいる。

小野寺家は兄の秀和が継いだため、包住は別家して岡野家を興し、浅野家に番使として200石で仕えた。

元禄14年(1701年)3月14日に主君・浅野長矩江戸城にて高家吉良義央に対し刃傷におよび、赤穂藩が改易になった際には赤穂にあり、4月には家老・大石良雄神文血判書を出したのち一家で赤穂田井村に移り住んだ。しかし、その後病に伏せることとなり、同志たちとの連絡は子の九十郎(包秀)を通して行った。吉良邸屋敷討ち入りへの参加を強く望んだが、病は悪化する一方で、江戸には下向できずにいた。

やむなく元禄15年(1702年)閏8月25日に九十郎を先に出立させたが、9月5日に死去した。享年48。父・病死の報を江戸で受け取った九十郎は、自らの称を父と同じ金右衛門に改めた上で討ち入りに参加し、父の志を遂げた。

関連項目[編集]

  • 矢頭長助 - 同じく子に志を託して討ち入り前に病死した