岡野栄太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
岡野 栄太郎 Portal:陸上競技
選手情報
ラテン文字 Eitaro OKANO [1]
国籍 日本の旗 日本
競技 陸上競技(短距離走)
種目 400m走
400mハードル
4×400mリレー
大学 中央大学
生年月日 (1930-06-14) 1930年6月14日
没年月日 (2020-11-17) 2020年11月17日(90歳没)
死没地 東京都
 
獲得メダル
陸上競技
アジア競技大会
1951 ニューデリー 400m
1951 ニューデリー 400mH
編集 テンプレートのヘルプを表示する

岡野 栄太郎(おかの えいたろう、1930年6月14日 - 2020年11月17日)は、日本の陸上競技選手(短距離走)、ジャーナリスト

1950年代に400mハードル走で日本陸上競技選手権大会を4連覇し、日本記録を保持していた。1952年ヘルシンキオリンピックに出場した[2]

経歴[編集]

中央大学在学中の1950年、日本陸上競技選手権大会において、男子400mおよび男子400mハードルで優勝した。日本陸上競技選手権大会の男子400mハードルでは1954年まで4連覇を遂げている。

1951年、第1回アジア競技大会に出場、男子400mおよび男子400mハードルで優勝した。400mハードルで出した54秒2は日本記録であった。岡野はこの後たびたび自己の日本記録を更新しており、1952年6月には日本学生東西対抗陸上競技大会で53秒0を記録した[3]

1952年7月、ヘルシンキオリンピックに出場。400mハードル走、4×400mリレー(岡野栄太郎・的場淳吉室矢芳隆山本弘一)に出場した。

大学卒業後、1953年に毎日新聞社に入社[4]。運動部記者となり、1964年東京オリンピックの取材に活躍した[5][6]。東京本社運動部長、同事業本部長、取締役を歴任した[5]

2020年11月17日9時13分、くも膜下出血のため東京都内の病院で死去[4]。90歳没。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Japanese Delegation of Athletics Team : Rio de Janeiro 2016 (PDF) 」、日本陸上連盟、2016年、2020年10月29日閲覧。
  2. ^ "岡野栄太郎". Sports-Reference.com. Sports Reference LLC. 2012年5月15日閲覧
  3. ^ 日本学生記録の変遷 男子400mH”. 日本学生競技連合. 2020年10月29日閲覧。
  4. ^ a b “岡野栄太郎さん死去 元陸上五輪代表選手、元毎日新聞社取締役”. 時事通信社. (2020年11月26日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112600975&g=spo 2020年11月26日閲覧。 
  5. ^ a b 堤哲. “「金メダル16個! 五輪成功の“立役者”」大島鎌吉”. 随筆集. 東京毎友会. 2020年10月20日閲覧。[リンク切れ]
  6. ^ 滝口隆司 (2013年9月24日). “東京五輪の応援団にはならない”. スポーツアドバンテージ. 2020年10月20日閲覧。

関連項目[編集]