岩上妙子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岩上 妙子(いわかみ たえこ、1918年大正7年)1月24日[1] - 2000年平成12年)7月15日[1])は、日本医師政治家自民党参議院議員

経歴[編集]

茨城県出身。1939年帝国女子医学専門学校(現・東邦大学)卒[2]東京警察病院に勤務し[1][2]、茨城県瓜連町(現・那珂市)で開業する。瓜連町教育委員[1]水戸家庭裁判所家事調停委員[1][2]などを経て、1974年第10回参議院議員通常選挙において茨城地方区から茨城県興農政治連盟で立候補して当選する。3年後、難病の尋常性天疱瘡に罹り、参議院議員を辞職する。その後継に夫の岩上二郎補欠選挙に立候補して当選、3期務めた。1989年夫・二郎が死去。これに伴う補選の出馬に意欲を示し、記者会見まで開いた[3]。一方で自民党茨城県連は茨城県議の野村五男を擁立し、保守は分裂状態となった[4]。自民党は候補者一本化に向けて、党中央が動き出し、当時の自民党幹事長の小沢一郎の説得により、岩上は立候補を断念した[5]。自民党は候補者一本化に成功し、選挙は野村が当選した。2000年死去。

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『現代物故者事典 2000~2002』日外アソシエーツ株式会社、2003年、83頁。
  2. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』253頁。
  3. ^ 『一を以って貫く - 人間小沢一郎』305頁。大下英治著、講談社、2003年。
  4. ^ 『一を以って貫く - 人間小沢一郎』304頁。
  5. ^ 『一を以って貫く - 人間小沢一郎』306頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『現代物故者事典 2000~2002』日外アソシエーツ、2003年。