岩下察男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩下 察男(いわした さつお、1941年8月18日 - )は、日本の陸上競技選手。陸上競技日本代表。1964年東京オリンピック代表、1966年バンコクアジア大会銅メダリスト[1]

来歴[編集]

宮崎出身。中央大学に入学。箱根駅伝の中大6連覇時の中心メンバーで、2区区間賞を獲得したこともある。37回大会から40回大会まで4年間1度も欠かすことなく勤勉に箱根駅伝に参加。区間賞は3度にのぼった。その後旭化成に入社した[2]。東京五輪日本代表[3]。1966年アジア大会日本代表。800m1500m10000m3000SCを中心にバラエティ豊かな走りで高度成長期の日本人たちを元気付けた。日本選手権1500mで50-52回大会に3連覇。800mは50、51回大会で連覇、48大会は5000mで優勝[4]

出典[編集]

関連項目[編集]