岩佐純

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩佐純

岩佐 純(いわさ じゅん、天保6年5月1日[1]1835年5月27日) - 明治45年(1912年1月6日[2])は、日本医師男爵宮中顧問官は仲成、通称は又玄、号は黙斎。

経歴[編集]

越前国福井福井藩医の家に生まれる。1856年安政3年)より江戸で西洋医学を学び、さらに下総国に赴いて佐藤尚中の門に学んだ[3]1860年万延元年)、福井藩医・洋学所教授に任命され、さらに長崎に遊学してオランダ人ヨハネス・ポンペ・ファン・メーデルフォールトらに医学を学んだ[3]

1869年(明治2年)、徴士として明治政府に出仕し、学校権判事、大学少丞、大学権大丞、大学大丞、中教授を歴任し、大阪医学校開設など医学教育の充実にあたった[3]1872年(明治5年)に大侍医となり、四等侍医、三等侍医、二等侍医、一等侍医と昇進していった[3]。初めは昭憲皇后の診察にあたったが、後に明治天皇の診察にあたった[3]。また告成堂病院を開いて院長を務め、子息の岩佐新とともに診察にあたった[3]

1898年(明治31年)より宮中顧問官を兼ね、1907年(明治40年)には男爵を授けられた[4]

1911年(明治44年)、病のため侍医を辞した[4]。翌年、病をおして宮中新年宴会に参内したが、豊明殿で昏倒して死去した[4]

栄典[編集]

位階
勲章

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 人事興信所編 『人事興信録 第3版』 人事興信所、1911年。
  2. ^ 『官報』第8563号、明治45年1月9日。
  3. ^ a b c d e f 立身致富信用公録 第14編 pp.14-15 1903.
  4. ^ a b c 稿本 福井市史(上) pp.856-857 1941.
  5. ^ 『官報』第1003号「叙任及辞令」1886年11月1日。
  6. ^ 『官報』第4383号「叙任及辞令」1898年2月15日。
  7. ^ 『官報』第7394号「叙任及辞令」1908年2月22日。
  8. ^ 『官報』第1027号「叙任」1886年12月1日。
  9. ^ 『官報』第1351号「彙報」1887年12月28日。
  10. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等瑞宝章受章者一覧(戦前の部)
  11. ^ 中野文庫 - 旧・勲一等旭日大綬章受章者一覧(戦前の部)

参考文献[編集]

  • 『立身致富信用公録 第14編』国鏡社、1903年。
  • 『稿本 福井市史(上)』福井市、1930年。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
岩佐(純)家初代
1907年 - 1912年
次代:
岩佐新