岩倉具定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
岩倉 具定
いわくら ともさだ
Iwakura Tomosada.jpg
宮内官大礼服を着用した岩倉 具定
生年月日 1852年1月18日
(旧暦嘉永4年12月27日
出生地 日本の旗 日本 山城国
(現京都府京都市)
没年月日 (1910-04-01) 1910年4月1日(58歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京府
称号 大勲位瑞星大綬章
勲一等旭日桐花大綬章
従一位
皇太子渡韓記念章
李花大勲章
明治三十七八年従軍記章
勲一等大極大綬章
旭日大綬章
正二位
勲一等瑞宝章
従二位
勲二等瑞宝章
大日本帝国憲法発布記念章
銀製黄綬褒章
赤鷲第二等勲章
正四位
勲四等旭日小綬章
配偶者 岩倉久子
子女 長男・岩倉具張
長女・依仁親王妃周子
五女・島津季子
親族 父・岩倉具視(外務卿)
娘婿・西郷従徳(貴族院議員)

大日本帝国の旗 第4代 宮内大臣
在任期間 1909年6月16日 - 1910年4月1日
天皇 明治天皇

テンプレートを表示

岩倉 具定(いわくら ともさだ、嘉永4年12月27日1852年1月18日) - 1910年明治43年)4月1日)は、日本政治家。第4代宮内大臣貴族院議員岩倉家第16代当主

経歴[編集]

岩倉具視の第3子(次男)として山城国(現在の京都府京都市)に生まれる。慶応4年(1868年)の戊辰戦争勃発後は、東山道鎮撫総督に任命され東山道先鋒軍(参謀板垣退助など)を指揮し各地を転戦する。

1869年明治2年)6月、岩倉具経とともに佐賀藩校致遠館に派遣されフルベッキに学ぶ[1]

1870年明治3年)、米国ラトガース大学留学[2]、帰国後は政府に出仕。1882年(明治15年)、伊藤博文の憲法調査に随行して欧州に渡る。

1884年(明治17年)に義兄である岩倉具綱家督を継ぎ、公爵。帝室制度取調委員、貴族院議員、爵位局長、学習院院長を歴任。

1900年(明治33年)に枢密顧問官1909年(明治42年)に宮内大臣となる。

1910年明治43年)4月1日死去

栄典・授章・授賞[編集]

位階
勲章
外国勲章佩用允許

家族・親族[編集]

正妻に子爵沢為量の4女・久子。具定には6男5女がいる(生母は不明)。岩倉具張長男。長女・周子東伏見宮依仁親王、次女・豊子は侯爵西郷従徳、4女・花子は武井守成、5女・季子島津忠弘に嫁いだ。

具定の5男・岩倉具顕の子息・岩倉具憲はパシフィックホテル社長

具憲の小桜葉子(本名:岩倉 具子)は女優で、俳優上原謙結婚。その長男(具定の曽孫)は歌手・俳優の加山雄三。加山の次男で俳優の加山徹玄孫

具憲の・岩倉瑞江は婦人服ブランド「スポーティフ」を経営している。

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ WEB歴史街道「致遠館と弘道館~岩倉具視が息子を託した佐賀の藩校」
  2. ^ 髙橋 秀悦「幕末・明治初期のアメリカ留学の経済学 : 「海舟日記」に見る「忘れられた元日銀總裁」富田鐵之助(2)」『東北学院大学経済学論集』第183巻、2014年12月、 1-39頁、 NAID 40020329074
  3. ^ 官報』第1351号「叙任及辞令」1887年(明治20年)12月28日。
  4. ^ 『官報』第3893号「叙任及辞令」1896年(明治29年)6月22日。
  5. ^ 『官報』第5089号「叙任及辞令」1900年(明治33年)6月21日。
  6. ^ a b 『官報』第8030号「叙任及辞令」 1910年(明治43年)4月2日。
  7. ^ 参事院議官補西園寺公望外八名叙勲」 アジア歴史資料センター Ref.A15110025800 
  8. ^ 『官報』第308号、1884年(明治17年)7月9日。
  9. ^ 『官報』第1430号「彙報」1888年(明治21年)4月10日。
  10. ^ 『官報』第1928号「叙任及辞令」1889年(明治22年)11月30日。
  11. ^ 『官報』第3000号「叙任及辞令」1893年(明治26年)6月30日。
  12. ^ 『官報』第4198号「叙任及辞令」1897年(明治30年)7月1日。
  13. ^ 『官報』第6450号「叙任及辞令」1904年(明治37年)12月28日。
  14. ^ 『官報』第7578号・付録「辞令」1908年(明治39年)9月28日。
  15. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年(明治42年)5月24日。
  16. ^ 『官報』第1284号1887年(明治20年)10月7日。
  17. ^ 『官報』第6433号「叙任及辞令」1904年(明治37年)12月8日。
  18. ^ 『官報』第7333号「叙任及辞令」1907年(明治40年)12月6日。

関連項目[編集]

公職
先代:
徳大寺実則
爵位局長官
日本の旗 爵位頭
1908年 - 1909年
爵位局長
1889年 - 1908年
爵位局長官
1888年 - 1889年
次代:
久我通久
先代:
(新設)
日本の旗 大膳大夫
1886年 - 1888年
次代:
児玉愛二郎
日本の爵位
先代:
叙爵
公爵
岩倉家初代
1884年 - 1910年
次代:
岩倉具張
先代:
岩倉具綱
岩倉家
第16代
次代:
岩倉具張