岩倉広雅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
岩倉広雅
時代 江戸時代中期
生誕 延享3年(1746年
死没 明和6年10月3日1769年10月31日
官位 従四位下治部権大輔
主君 桃園天皇後桜町天皇
氏族 植松家岩倉家
父母 父:植松賞雅、母:不詳
養父:岩倉尚具
兄弟 尚具広雅
不詳
養子:具選
テンプレートを表示

岩倉広雅(いわくら ひろまさ)は、江戸時代中期の廷臣。父は植松賞雅。養父は岩倉尚具。養子に岩倉具選

経歴[編集]

兄尚具から家督を譲られて岩倉家の当主となる。桃園天皇時代の朝廷に勤仕し、従四位下治部権大輔まで昇ったが、明和6年(1769年)に卒去。享年24。

柳原光綱の子具選が養子となり、岩倉家の名跡を継いだ。

系譜[編集]

先代:
岩倉尚具
岩倉家
第8代
次代:
岩倉具選