岩内克己

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
いわうち かつき
岩内克己
生年月日 (1925-08-15) 1925年8月15日(93歳)
出生地

オランダ領東インドの旗 オランダ領東インド

バタヴィア(現・ジャカルタ
職業 映画監督

岩内 克己(いわうち かつき、1925年8月15日 - )は、日本の映画監督若大将シリーズを多く監督した。

来歴・人物[編集]

オランダ領東インドバタヴィア(現・ジャカルタ)に生まれる[1]明治大学を中退し、鎌倉アカデミアを卒業。東京都立八潮高等学校の教員を経て、1953年に東宝入社。筧正典鈴木英夫松林宗恵らの助監督を経て、1963年、『六本木の夜・愛して愛して』で監督に昇進する。

1965年、藤本真澄プロデューサーから『エレキの若大将』の監督をの命じられる。サスペンス作品の監督を志向していた岩内は、音楽シーンもあるこの作品に戸惑い、辞退を申し入れたが一蹴されたという。しかし、エレキ合戦を含めた音楽シーンを上手く処理し、加山雄三星由里子のデュエットによる「君といつまでも」が挿入されたこの作品は、大ヒットを記録した。以後、岩内は若大将シリーズのメイン監督となる。

1960年代後半には、坪島孝田波靖男小川英らと「ジャック・プロダクション」を創設。テレビドラマやCMの監督の傍ら、イベントのプロデュースなども手掛けた。

監督作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 岩内克己 日本映画監督協会 2018年8月28日閲覧。