岩内港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩内港
岩内岳から岩内、泊を望む - panoramio.jpg
岩内岳から眺めた岩内町の市街地(2012年9月)
所在地
日本の旗 日本
所在地 北海道岩内郡岩内町
座標 北緯42度59分47秒 東経140度30分43秒 / 北緯42.99639度 東経140.51194度 / 42.99639; 140.51194座標: 北緯42度59分47秒 東経140度30分43秒 / 北緯42.99639度 東経140.51194度 / 42.99639; 140.51194
詳細
管理者 岩内町
種類 地方港湾
統計
統計年度 平成27年
発着数 3,339隻[1]
貨物取扱量 64,385トン[1]

岩内港(いわないこう)は、北海道岩内郡岩内町にある港湾。港湾管理者は岩内町。港湾法上の「地方港湾」、運輸省(現在の国土交通省)による「特定地域振興重要港湾」に指定されている。

港湾施設[編集]

漁業ふ頭には岩内郡漁業協同組合による「岩内地方卸売市場」がある。

  • 本港地区
    • 漁港区
    • 漁業ふ頭
    • 中央ふ頭
  • 新港地区

沿革[編集]

岩内町中心部の空中写真(1976年(昭和51年)撮影の7枚を合成作成)。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成27年 北海道港湾統計年報《概要版》 (PDF)”. 北海道. 2017年12月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 各みなとの紹介 岩内港 (いわないこう)”. 北海道開発局港湾計画課. 2018年1月27日閲覧。
  3. ^ a b c みなとのしごと 港湾の紹介—岩内港—”. 北海道開発局小樽開発建設部. 2017年12月6日閲覧。
  4. ^ フェリー接岸 沸く岩内”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1990年7月15日). 2017年12月6日閲覧。
  5. ^ 岩内港フェリー*旅客ターミナル取り壊しへ*所有者の海運会社*町、寄付受けず*商工会議所は存続要望”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2005年10月22日). 2018年1月27日閲覧。

関連項目[編集]