岩城隆喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
岩城隆喜
Iwaki Takanobu.jpg
時代 江戸時代後期
生誕 寛政3年11月2日1791年11月27日
死没 嘉永6年12月9日1854年1月7日
別名 亀次郎→亀五郎、采女[1]
官位 従五位下伊予[1]
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶家定
出羽亀田藩
氏族 岩城氏
父母 父:岩城隆恕
兄弟 隆喜前田長粲前田長英養子)、
山本茂高、隆謨、恵照院(前田利和正室)ほか、計5男12女
正室:板倉勝俊
継室:津軽寧親
隆興(三男)、隆永(四男)、隆信(五男)、
隆政(六男)、隆邦(七男)、
堀田正養(八男、堀田正誠養子)、
立花種温正室、直子(三女、浅野長祚正室)、倉子(五女、浄真院、佐竹義祚室)、
銀子(八女、佐竹義祚継室)、
緑操院(前田利豁正室)ほか、計8男18女

岩城 隆喜(いわき たかひろ)は、江戸時代後期の大名。出羽国亀田藩8代藩主。

寛政3年(1791年)11月2日、7代藩主・岩城隆恕の長男として生まれる。

寛政12年(1800年)5月13日、父・隆恕の嫡子となる。文化4年(1807年)2月22日、江戸幕府11代将軍徳川家斉に御目見をする。文化14年(1817年)7月13日、隆恕の死去により家督を継いだ[1]。同年12月16日、従五位下・伊予守に叙任する[1]天保元年(1831年)5月21日、オランダ人に地図を提供した咎で捕縛された長崎大通詞・馬場為八郎、小通詞・稲部市五郎、吉雄忠次郎の身柄を、幕府の命を受け佐竹義純前田利和と共に預かる[2]

弘化元年(1844年)、駿府加番を命じられる。嘉永5年(1852年)12月27日、大和国柳本藩主・織田信陽と共に家格を城主格に上げられる[1][3]

嘉永6年12月9日(西暦では1854年)、死去。享年63。隆喜の死後、四男・隆永から隆信隆政隆邦と4兄弟が相次いで家督を継ぐことになる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 『亀田岩城家譜』
  2. ^ 『内廻状留』
  3. ^ 『嘉永録』

出典[編集]

  • 『亀田岩城家譜』
  • 『内廻状留』(五月廿一日)
  • 『嘉永録』(十二月二十七日)