岩岡徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
岩岡徹
生誕 (1987-06-06) 1987年6月6日(34歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県千葉市
ジャンル J-POP
ダンス・ポップ
ヒップホップ
職業 歌手
ダンサー
俳優
活動期間 2011年 -
レーベル avex trax
事務所 エイベックス・マネジメント
共同作業者 Da-iCE
公式サイト https://da-ice.jp/

岩岡 徹(いわおか とおる、1987年6月6日 - )は、日本の歌手ダンサー俳優千葉県千葉市出身。 5人組アーティスト「Da-iCE」のパフォーマー。身長170cmで、血液型O型。エイベックス・マネジメント所属。

経歴[編集]

俳優活動も積極的に取り組んでおり、舞台「ちるらん 新撰組鎮魂歌」では主演を務め、Da-iCE Official YouTube Channelではショートムービーを公開。

また自身の知識を活かした新商品のプロデュースも行い、2018年にヘア&ボデミスト・ハンド&ネイルクリームの「Diario」、2019年は飲む日焼け止めサプリ「Sol White」を発売している。

メンバー内で唯一の社会人経験者で、近年ではクイズ番組への出演も多数果たしている。

人物[編集]

  • Da-iCEのパフォーマー。
  • 自身が所属するグループ、Da-iCEのLIVE演出も担当することがある。
  • メンバー内で唯一の社会人経験者。近年ではクイズ番組への出演も多数果たしている。
  • 自身の私服のテイストは、「いたってシンプルだと思います。」と語っている。
  • 数字の「6」に昔から縁がある。誕生日、出席番号、サッカーの背番号が「6」。Da-iCEとして、初のベストアルバム(Da-iCE BEST) も自身の誕生日「6月6日」に発売。セ・公式戦 千葉ロッテマリーンズvs福岡ソフトバンクホークスでは背番号「66」で始球式を務める。
  • 昔から超独特な絵を描くことで有名。その独特で個性溢れる画力から、メンバーやファンからは”画伯”と呼ばれている。
  • 2021年のインタビューでは、Da-iCEのメンバーきっての美容男子との事もあり、最近始めた習慣について、お医者さんから「お腹をあっためると体にいい」と聞き白湯を飲んだりしているそう。また同インタビューにて、今まで全然してこなかった料理を最近はじめたとの事も明かしている。

作品[編集]

プロデュース商品[編集]

  • ヘア&ボディミスト・ハンド&ネイルクリーム「Diario」 - プロデュース(2018年
  • 飲む日焼け止めサプリ「Sol White」 - プロデュース(2019年)
  • 「かべちょろ」グッズ ‐ プロデュース(2017年~)                                          2016年のファンクラブイベント福岡公演時に誕生させた「かべちょろ」。方言で”かべちょろ”と呼ぶ生き物を絵に描くというお題で自身が想像で描いたもの。その独特すぎる絵から、そのままキャラクター化された。
  • LINEスタンプ ONE PIECE × 岩岡徹(Da-iCE) ‐ プロデュース(2021年)

Da-iCE[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

配信ドラマ[編集]

舞台[編集]

ミュージカル[編集]

  • 「~avex group The 20th Anniversary~『ココロノカケラ』」 - 2008年

Web番組[編集]

  • オリジナルドラマ「婚外恋愛に似たもの」(dTV) - 神田みらい 役(2018年)
  • 音楽×ドラマ 「FHIT MUSIC」(dTV) - 主演(2018年)
  • Da-iCE Official YouTube Channel主演ショートムービー - (2019年)

イベント[編集]

▼飲む日傘サプリ『Sol White』販売イベント

  • 2019年6月21日 MEGAドン・キホーテ渋谷本店(東京都)
  • 2019年6月22日 ドン・キホーテ中洲店(福岡県)
  • 2019年7月 5日 ドン・キホーテ パウSBS通り店(静岡県)
  • 2019年7月19日 ドン・キホーテ 名古屋栄店(愛知県)

▼セ・公式戦 千葉ロッテマリーンズvs福岡ソフトバンクホークス 始球式(2021年4月25日)[編集]

  1. ^ Da-iCE:SPドラマ「嘘から始まる恋」主題歌担当 岩岡徹は本田翼と婚約破棄する元カレ役に” (日本語). MANTANWEB(まんたんウェブ). 2021年6月20日閲覧。
  2. ^ “岩岡徹が「サレタガワのブルー」で不倫夫に、「イライラして頂けたらニヤリです」”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2021年6月14日). https://natalie.mu/eiga/news/432292 2021年6月14日閲覧。