岩崎勲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩崎勲

岩崎 勲[1](いわさき いさお、1878年明治11年)2月25日[2]1927年昭和2年)1月18日[3])は、日本の政治家衆議院議員立憲政友会[1]弁護士弁理士[2][4]。族籍は静岡県士族[4][5]

経歴[編集]

静岡県駿東郡清水町八幡の人である[2]三嶋大社禰宜岩崎元功の長男[2]。家は代々八幡神社の社掌だったが、父の代に至って三嶋神社の禰宜を兼ねた[2]

静岡県尋常中学校第一高等学校を経て、1903年(明治36年)に東京帝国大学法科大学仏法科を卒業した[6]。在学中には各大学の同志とともに青年革進協会を組織してその幹部となり、雑誌『革進』の編集主任を務めた[2]

1903年(明治36年)、大学を卒業して法学士となり、同年高等文官試験に合格したが、官界には入らず弁護士・特許弁理士となった[2]。弁護士となってより諸所の公会において常に壇上の人となった[2]1906年(明治39年)、東京弁護士会常議員となり、1911年(明治44年)、日本弁護士協会理事に選出された[2]

その他、大日本養殖社長[1]、ヒロネ鉱泉[1]、渥美養魚各監査役[2]、駿豆新聞社取締役[5]などを務めた。また二条公爵家伊藤銀行などの法律顧問も務めた[6]

1912年(明治45年)、第11回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。さらに第13回から第15回まで連続当選を果たした。立憲政友会幹事長、同会総務を務めた[4]

1926年大正15年)、松島遊郭疑獄に関わったとして起訴されたが、判決前に病死した。

人物[編集]

住所は東京麻布本村町[4](現南麻布)。

家族・親族[編集]

岩崎家
  • 父・元功1852年 - ?、三嶋大社禰宜[2]、静岡士族[4][5]
  • 妻・とく1886年 - ?、静岡、杉山左門治の二女)[4][5]
  • 男・郁夫(1912年 - ?)[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『衆議院要覧 下巻』118頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月10日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 『大正人名辞典』460頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月28日閲覧。
  3. ^ 『官報』第18号、昭和2年1月21日。
  4. ^ a b c d e f g 『人事興信録 第7版』い106頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2019年9月28日閲覧。
  5. ^ a b c d 『人事興信録 第6版』い99頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2020年2月10日閲覧。
  6. ^ a b 代表的人物及事業 1913.

参考文献[編集]

  • 『代表的人物及事業』時事通信社、1913年。
  • 五十嵐栄吉『大正人名辞典』東洋新報社、1917年。
  • 『衆議院要覧 下巻 大正九年六月』衆議院事務局、1920年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第7版』人事興信所、1925年。