岩崎四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岩﨑四郎(いわさき しろう、1933年 - 2010年3月4日)は、日本法務官僚刑務官。元名古屋矯正管区長。退官後は長崎原爆の研究に取り組んだ。

経歴・人物[編集]

1933年生まれ[1]。12歳の時に長崎市被爆した[2]1956年九州大学法学部を卒業後、法務省に採用され入省[1]矯正研修所教官、法務総合研究所研究官を務め、刑事政策に関する論文を多く著した[1]福岡矯正管区長、広島矯正管区長、名古屋矯正管区長などを歴任して、1993年に退官[3]2003年勲三等瑞宝章を受章した[4]。退官後は長崎原爆について研究し、投下に至った経緯を検証するとともに、軍縮反戦を訴えた[1][2]2010年に腹部大動脈瘤破裂のため死去[2]

著書[編集]

  • 『原爆に託されたメッセージ―謎解きを試みた一被爆者の半生記』(近代文芸社、1995年)ISBN 978-4773353044
  • 『長崎原爆異見録―被爆を体験し検証し実相に迫る』(文芸社、2003年)ISBN 978-4835550046

論文[編集]

  • 「窃盗累犯・詐欺累犯受刑者に関する実証的研究」『法務総合研究所研究部紀要』22、法務総合研究所、1979年。
  • 「暴力団関係受刑者に関する研究 」『法務総合研究所研究部紀要』23、法務総合研究所、1980年。
  • 「暴力団関係受刑者に関する一考察」『刑政』91(5)、1980年。
  • 「再入受刑者の再犯過程に関する研究-1-」『法務総合研究所研究部紀要』24、法務総合研究所、1981年。
  • 「21世紀の矯正を展望する」『刑政』99(9)、1988年。

[編集]

  • ジョセフ・ワイス著「少年非行の社会的統制に関する諸理論の比較分析--適切な社会統制の崩壊」『刑政』89(9)、1978年。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『長崎原爆異見録―被爆を体験し検証し実相に迫る』掲載のプロフィールより。
  2. ^ a b c 長崎の声 - 広島・長崎の記憶 被爆者からのメッセージ”. 朝日新聞. 2016年10月5日閲覧。
  3. ^ 「法務省人事」『朝日新聞』1993年4月2日付朝刊、3面。
  4. ^ 「春の叙勲 勲一・二・三等、海外関係分」『朝日新聞』2003年4月29日付朝刊、8面。