岩崎恭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩崎恭子 Swimming pictogram white.svg
選手情報
フルネーム 岩崎恭子
国籍 日本の旗 日本
泳法 平泳ぎ
生年月日 (1978-07-21) 1978年7月21日(41歳)
生誕地 静岡県沼津市
テンプレートを表示

岩崎 恭子(いわさき きょうこ、1978年7月21日 - )は、静岡県沼津市出身の日本の元競泳選手、指導者。専門種目は平泳ぎ。スポーツコメンテーター、日本オリンピック委員会事業・広報専門委員、日本水泳連盟競泳委員・基礎水泳指導員(水泳インストラクター[1]

1992年バルセロナオリンピック金メダリスト。14歳での競泳史上最年少金メダル獲得記録保持者である[2]

競技経歴[編集]

沼津市立第五中学校から日本大学三島高等学校を経て日本大学文理学部心理学科卒業。三姉妹の次女。3歳上の長姉が水泳をしていた影響で、岩崎も5歳から地元のスイミングスクールで水泳を習い始める[3]

姉も高校1年次(1991年)にインターハイ女子100m・200m平泳ぎで2冠を達成した五輪候補選手だったが、岩崎も1990年(小学6年次)に100m平泳ぎで1分12秒79の短水路学童日本記録を樹立、1991年(中学1年次)に全国中学校水泳競技大会女子100m・200m平泳ぎで2冠を達成し(200mは2分31秒08で当時の大会新記録) 、同年の日本選手権200m平泳ぎでも4位に食い込むなど、一気に頭角を現す[3][4]

1992年バルセロナオリンピックの出場選手選考会を兼ねた同年4月の日本選手権女子100m・200m平泳ぎの両種目では、姉を破ってともに2位に入り、五輪出場権を獲得する。

バルセロナオリンピック
競泳女子200m平泳ぎでは、予選で自己記録を3秒30、長崎宏子の持つ日本記録(2分29秒91)も2秒以上更新する2分27秒78の日本新記録を出し、当時の世界記録保持者で優勝候補のアニタ・ノール(アメリカ)に次ぐ全体2位で決勝に進出する。
決勝では、ゴール寸前でノールを逆転し2分26秒65(当時の五輪新記録&自己の生涯ベスト記録)で金メダルを獲得[5]。競泳女子200m平泳ぎでの金メダルは、1936年ベルリンオリンピック前畑秀子以来、日本人として56年ぶり史上2人目の快挙達成だった(日本女子選手で競泳種目の五輪金メダリストは、1972年ミュンヘンオリンピックの100mバタフライ青木まゆみ以来20年ぶり3人目)。また、競泳では史上最年少(14歳6日)の金メダル獲得(2019年8月現在も競泳最年少記録)で、日本選手としての五輪メダル獲得の最年少記録でもある。
金メダルを獲得したレース直後のインタビューでは「今まで生きてきた中で、一番幸せです。」と語り、一躍時の人となった[6]
その他出場種目では、4x100mメドレーリレーで7位、100m平泳ぎでは13位だった。

バルセロナ五輪後、諸問題(後述)によりモチベーション低下に悩み一時不振に陥るが、1996年アトランタオリンピックの代表選考会を兼ねた同年の日本選手権女子100m平泳ぎで田中雅美に次ぐ2位に入り、五輪出場権を獲得。五輪本番では、200m平泳ぎで10位、100m平泳ぎは予選落ちに終わり五輪2大会連続でのメダル獲得はならなかった[7]

1998年伝染性膿痂疹を発症した影響[8]および闘争心の喪失を実感し[7]、20歳で競技選手を引退。引退後、テレビなどで競泳のコメンテーターとして活動を開始。

2002年アメリカ合衆国ミッションビエホに海外指導者研究生として留学[9]

2010年、第1回ユースオリンピック(開催地:シンガポール)では競泳日本代表コーチとして担当[9]

2014年6月6日、日本マスターズ水泳協会理事に選出[10]

人物[編集]

1992年のバルセロナオリンピック・競泳平泳ぎ種目では、選手選考会である日本選手権の女子100mと200mを共に制した粕谷恭子が期待の星であり、大会前の同種目世界ランキングで14位に過ぎなかった岩崎は全く注目されていない状況だった。本人も大会前に「決勝に残れればいい方だと思います。」とテレビで語っている。同種目の優勝候補であったアニタ・ノールと持ちタイムが5秒73も離れていたため、本人もまさか自分が金メダルが取れるとは夢にも思わなかったという。

1992年の第43回NHK紅白歌合戦では、光GENJIの『リラの咲くころバルセロナへ』の曲紹介でゲスト出演した(光GENJIの諸星和己は沼津の隣である富士市の出身)。

バルセロナ五輪での金メダルにより日本全国から注目された一方で、ストーカー紛いの行為や嫌がらせ電話といった被害も受け、また五輪後に姉が不振に陥り競泳を辞めてしまったことで「金メダルなんて取らなければ良かった」[7]「練習せず結果が出なければ注目されずに済むだろう」などと思うようになったという。ただし、姉は「恭子のせいじゃないよ」と庇っていたという[7]

2000年シドニーオリンピック400mメドレーリレー銅メダリストの田中雅美は同級生(1979年1月生まれ)で、平泳ぎ種目のライバルながら現役時代から大変仲が良く、現在テレビでもしばしば岩崎と共演するなど親交が続いている。

2004年、岩崎の出身地である沼津市の観光PR隊「燦々ぬまづ大使」(14期生)に任命される。

2005年1月、自身初の写真集を発売、2月に日本赤十字社の幼児安全法支援員並びに日本水泳連盟の基礎水泳指導員の資格を取得。

2009年4月、元ラグビー日本代表の斉藤祐也と結婚[11]

2010年11月1日、自身のオフィシャルブログ「ことばのしずく」にて「第一子妊娠」を報告、2011年3月28日に長女を出産。

2018年4月10日、ふじのくに観光大使に選出[12]

2018年11月3日、以前から別居して離婚協議中だった斉藤祐也との離婚を発表。同時に離婚協議中に別の男性と交際していたとする週刊誌SmartFLASHの不倫報道について事実であると謝罪した[13]。不倫報道について取材を受けた斉藤は「親しい男性がいることは知らなかった。別居しているため仕方がない。」と話した[14]

出演[編集]

不定期[編集]

その他[編集]

記録[編集]

距離 タイム 大会名 備考
平泳ぎ200m 2:26.65 1992年バルセロナオリンピック 五輪記録

書籍[編集]

写真集
  • 『METAMORPHOSES』- 岩崎恭子写真集(2005年、ぶんか社、撮影:M.S.Park、Paul Shida、井口進)ISBN 978-4821126453
DVD
  • 『oro』(2005年1月28日、ぶんか社)
著書
  • 「岩崎恭子のゆっくりきれいに平泳ぎ」(2005年、学研)ISBN 4-05-402596-X

脚注[編集]

  1. ^ 選手詳細、スポーツビズ
  2. ^ 三上孝道『これだけは知っておきたい(11) オリンピックの大常識』株式会社ポプラ社、2004年、89ページ、ISBN 4-591-08135-4
  3. ^ a b スイミングアドバイザー 岩崎恭子インタビュー(2014年11月)”. 注目企業.com. 2020年2月29日閲覧。
  4. ^ 歴代優勝者一覧”. 日本水泳連盟. 2020年2月29日閲覧。
  5. ^ 2位は林莉中国)、ノールは3位。“ポケスポ立ち読み”. 大空出版. (1992年7月27日). https://www.ozorabunko.jp/books/historypocket/read/p20.php 2020年3月1日閲覧。 
  6. ^ “今まで生きてきた中で、一番幸せです”. 日刊スポーツ. (2012年7月18日). http://london2012.nikkansports.com/column/quotations/archives/f-cl-tp0-20120718-985504.html 2012年10月6日閲覧。 
  7. ^ a b c d “「金なんて取らなければ・・・」14歳シンデレラ 岩崎恭子の苦悩”. 中日スポーツ. (2018年8月28日). https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/column/heiseimonogatari/CK2019010702100019.html 2020年3月1日閲覧。 
  8. ^ 魔女たちの22時 (テレビ番組). 日本テレビ.. (2010年7月13日) 
  9. ^ a b 講演依頼.com(岩崎恭子)
  10. ^ 高橋監督 日本マスターズ水泳協会会長に就任! | 中京清泳会” (日本語). chukyo-seieikai.com. 2018年6月4日閲覧。
  11. ^ “五輪金の岩崎恭子さんが結婚 ラグビーの斉藤選手と”. 47NEWS (共同通信). (2009年3月24日). http://www.47news.jp/CN/200903/CN2009032401000420.html 
  12. ^ “静岡県観光大使に7氏、ゆかりの芸能人ら 12日委嘱式|静岡新聞アットエス” (日本語). @S[アットエス]. http://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/477635.html 2018年6月4日閲覧。 
  13. ^ “岩崎恭子さん不倫報道を認め謝罪「深く反省」 09年結婚した夫との離婚も発表”. ORICON NEWS. (2018年11月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2122869/ 2018年11月5日閲覧。 
  14. ^ 岩崎恭子さんが不倫を認め離婚を発表 夫は「仕方がない」 FNN.jpプライムオンライン 2018年11月6日

関連項目[編集]