岩崎直子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岩崎 直子(いわさき なおこ、1944年2月24日 - )は、日本アナウンサー

東京都世田谷区出身。東京学芸大学国文学科卒業。

略歴[編集]

1966年4月TBSに入社[1][2]1970年2月、TBSを退社[3][4]1970年3月、フリーに。1987年11月、『JALミュージックツアー』でゴールデンマイク賞を受賞[5]

人物[編集]

1966年4月、TBSにアナウンサー11期生として入社(同期には遠藤泰子川戸惠子藤田恒美・堀川友子)[1][2]。アナウンサー研修室付兼ラジオ局第一制作部(1967年11月15日)[4][6]、アナウンサー研修室付兼ラジオ局放送部(1969年3月)[4]、ラジオ局放送部兼第一制作部兼アナウンサー研修室付(1969年4月)[4]に所属。1970年2月にTBSを退社後もフリーアナウンサーとして1980年代後期の頃までTBSや他局にてラジオ等で活躍した。

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「1966.4<11期生>  5人入社(女5) 岩崎直子 遠藤泰子 川戸(堀川)恵子 藤田恒美 堀川友子」
  2. ^ a b 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、20頁。「66.4 <11期生>5人入社 応募538名 岩崎 直子 遠藤 泰子 堀川 恵子 堀川 友子 藤田 恒美」
  3. ^ a b c 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、238頁。「岩崎直子[1970.2退社] R「ニュースショー(1969)」 TV「ベルトクイズQ&Q(1969)」」
  4. ^ a b c d e f 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、20頁。「岩崎 直子…[67.11 アナウンサー研修室付兼R局第一制作部][69.3 アナウンサー研修室付兼R局放送部][69.4 R局放送部兼第一制作部兼アナウンサー研修室付][70.2 退社] R「ニュースショー(69)」 TV「ベルトクイズQ&Q(69)」」
  5. ^ 「VII 各種表彰 2.TBS主催の外部表彰」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、295頁。「2.ゴールデンマイク賞 贈呈日 1987.11 贈呈者 小林克也 岩崎直子 担当番組名 JALミュージックツアー」
  6. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、22頁。「1967年11月15日 『アナウンサー研修室設置』 <アナウンサー研修室付兼ラジオ局第一制作部勤務者>今村 稔、小川哲哉、車尾具昭、五味陸仁、桐本幸子、手塚俊子、本田綾子、岩崎直子、遠藤泰子、藤田恒美、堀川恵子、堀川友子、青木靖雄、石森勝之、小口勝彦、久米 宏、林 美雄、宮内鎮雄、米沢光規、河野通太郎」

参考文献[編集]

  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月

関連項目[編集]