岩崎邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「岩﨑邦彦」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、JIS X 0213:2004 で規定されている文字が含まれています(詳細)。
いわさき くにひこ
岩﨑 邦彦
Kunihiko Iwasaki cropped 3 Kunihiko Iwasaki Yasutomo Shimamori Kosuke Kuji Hideo Ito and Daisuke Nagasawa 20161124.jpg
生誕 1964年11月
日本の旗 神奈川県厚木市
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 商学
研究機関 国民金融公庫
東京都庁
長崎大学
静岡県立大学
出身校 上智大学経済学部卒業
横浜市立大学大学院
経済学研究科修士課程修了
上智大学大学院
経済学研究科単位取得満期退学
主な業績 地域次元を含む
マーケティング研究
主な受賞歴 世界緑茶協会
O-CHAパイオニア学術研究奨励賞
2003年
商工総合研究所
中小企業研究奨励賞(2005年
プロジェクト:人物伝

岩﨑 邦彦(いわさき くにひこ、1964年11月 - )は、日本中小企業診断士商学者マーケティング論)。学位博士(農業経済学)東京農業大学2008年)。静岡県立大学附属地域経営研究センターセンター長(第3代)・経営情報学部教授大学院経営情報イノベーション研究科教授。の「﨑」はいわゆる「たつさき」であるが、JIS X 0208に収録されていないため、岩崎 邦彦(いわさき くにひこ)と表記されることも多い。

国民金融公庫東京都庁での勤務を経て、長崎大学経済学部助教授、静岡県立大学経営情報学部助教授、静岡県立大学附属地域経営研究センター副センター長、静岡県立大学経営情報学部准教授、静岡県立大学学長補佐(社会人教育担当)などを歴任した。

概要[編集]

生い立ち[編集]

1964年生まれ。神奈川県厚木市出身である。

上智大学の経済学部経営学科にて経営学を学び、卒業後は国民金融公庫に就職した。その後、東京都職員となり、東京都庁労働経済局の商工指導所に勤務した。その間、横浜市立大学大学院にて経済学研究科修士課程を修了し、上智大学大学院の経済学研究科でも博士後期課程に在籍した。なお、学位としては修士経済学)(横浜市立大学・1994年)、および、博士(農業経済学)(東京農業大学・2008年)を取得している。

学究活動[編集]

「6次産業化・農商工連携フォーラム in 仙台」のめくりには「岩崎」と表記されている(2016年11月24日

1999年から長崎大学に転じ、経済学部にて講師や助教授を務めた。その後、静岡県立大学に移り、経営情報学部経営情報学科にて助教授、准教授を務め、地域経営研究センターでは副センター長に就任した。また、カーティン工科大学のカーティン・ビジネス・スクールや東京農業大学などで、客員研究員を務めた。

現在は、静岡県立大学の経営情報学部にて教授を務めており、大学院経営情報イノベーション研究科の教授も兼任している。なお、経営情報イノベーション研究科の前身となった経営情報学研究科は、院生が修了する2012年3月まで存続するため、その間は両者の教授を兼任している。また、2011年には、学長補佐(社会人教育担当)や[1]、同大学の地域経営研究センターのセンター長など[2]、様々な役職に就任した。

公的活動[編集]

中小企業診断士の資格を所持しており、中小企業診断士試験委員も務める。

研究[編集]

専門は商学であり、特にマーケティング論などについての研究が多い。

産学連携にも意欲的であり、静岡県観光緑茶を絡めた「静岡型ツーリズム」の研究を観光会社と共同で進めている[3]

これらの業績により、世界緑茶協会のO-CHAパイオニア学術研究奨励賞や商工総合研究所の中小企業研究奨励賞などを受賞している。

略歴[編集]

2016年11月24日、「6次産業化・農商工連携フォーラム in 仙台」にて
2016年11月24日、「6次産業化・農商工連携フォーラム in 仙台」にてディメール顧問島守康友(左から2人目)、南部美人代表取締役久慈浩介(中央)、伊豆沼農産代表取締役伊藤秀雄(右から2人目)、舟形マッシュルーム営業企画部部長長澤大輔(右端)と
  • 1964年 - 誕生。
  • 1987年 - 上智大学経済学部卒業。
  • 1987年 - 国民金融公庫入庫。
  • 1993年 - 東京都庁労働経済局商工指導所。
  • 1994年 - 横浜市立大学大学院経済学研究科修士課程修了。
  • 1999年 - 上智大学大学院経済学研究科単位取得満期退学。
  • 1999年 - 長崎大学経済学部講師。
  • 2000年 - 長崎大学経済学部助教授。
  • 2001年 - 静岡県立大学経営情報学部助教授。
  • 2001年 - 静岡県立大学大学院経営情報学研究科助教授。
  • 2005年 - カーティン工科大学カーティン・ビジネス・スクール客員研究員。
  • 2006年 - 静岡県立大学地域経営研究センター副センター長。
  • 2007年 - 東京農業大学客員研究員。
  • 2007年 - 静岡県立大学経営情報学部准教授。
  • 2007年 - 静岡県立大学大学院経営情報学研究科准教授。
  • 2008年 - 静岡県立大学経営情報学部教授。
  • 2008年 - 静岡県立大学大学院経営情報学研究科教授。
  • 2011年 - 静岡県立大学大学院経営情報イノベーション研究科教授。
  • 2011年 - 静岡県立大学地域経営研究センターセンター長。
  • 2011年 - 静岡県立大学学長補佐(社会人教育担当)。

賞歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 岩崎邦彦著『都市とリージョナル・マーケティング――都市小売業と消費者行動の空間分析』中央経済社1999年。ISBN 4502348635
  • 岩崎邦彦著『スモールビジネス・マーケティング――小規模を強みに変えるマーケティング・プログラム』中央経済社、2004年。ISBN 450258830X
  • 岩崎邦彦著『緑茶のマーケティング』農山漁村文化協会2008年。ISBN 9784540082023

寄稿[編集]

  • 小川正博編著『事業創造のビジネスシステム』中央経済社、2003年。ISBN 4502366803
  • 農山漁村文化協会編『茶大百科』1巻、農山漁村文化協会、2008年。ISBN 9784540071416
  • 影山喜一編『地域マネジメントと起業家精神』雄松堂出版、2008年。ISBN 9784841904987

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「教員人事・客員教授の紹介」『はばたき』117巻、静岡県立大学広報委員会2011年6月、20頁。
  2. ^ 「センター役員・スタッフ」『静岡県立大学地域経営研究センター -センター役員・スタッフ静岡県立大学地域経営研究センター
  3. ^ 「茶楽しめる観光に需要――県立大など研究成果発表」『中日新聞:《茶況》 茶楽しめる観光に需要 県立大など研究成果発表:静岡(CHUNICHI Web)中日新聞社2010年3月21日

関連項目[編集]

参考文献[編集]

学職
先代:
西田在賢
静岡県立大学
地域経営研究センターセンター長

第3代 : 2011年 -
次代:
(現職)