岩手川口駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:岩手川口駅の新駅舎の画像提供をお願いします。2019年8月
岩手川口駅*
駅舎
駅舎
いわてかわぐち
Iwate-kawaguchi
好摩 (5.6km)
岩手県岩手郡岩手町大字川口第9地割68-1
所属事業者 IGRいわて銀河鉄道
所属路線 いわて銀河鉄道線
キロ程 26.9km(盛岡起点)
東京から562.2km
電報略号 クチ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗降人員
-統計年度-
298人/日
-2018年-
開業年月日 1898年明治31年)1月11日
備考 簡易委託駅
* 1934年に川口駅から改称。
テンプレートを表示

岩手川口駅(いわてかわぐちえき)は、岩手県岩手郡岩手町大字川口にある、IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線である。

歴史[編集]

もとは川口駅という名前であったが、1934年(昭和9年)2月1日に岩手川口駅に改称となった。

1933年(昭和8年)4月1日埼玉県北足立郡川口町が青木村横曽根村南平柳村との合併により川口市となり、1934年(昭和9年)2月15日に旧川口町にあった京浜東北線・川口町(かわぐちまち)駅が川口駅に改称となる。川口町駅は正式には当駅と同じ東北本線に属するので、同じ東北本線に川口駅が京浜東北線側と当駅の二つ存在するという事態を避ける必要が生じ、川口町駅の改称のおよそ2週間前、当駅の川口駅から岩手川口駅への改称が行われたのである。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅である。互いのホームは跨線橋で連絡している。

盛岡駅管理の簡易委託駅(岩手町委託)。駅舎には出札窓口(営業時間・7:00 - 12:30)があり、硬券入場券・乗車券が常備されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 いわて銀河鉄道線 下り いわて沼宮内二戸八戸方面
2 (予備ホーム)
3 いわて銀河鉄道線 上り 好摩盛岡方面

※2番線は待避線であるが、2014年3月時点で定期列車の発着がない。

利用状況[編集]

IGRいわて銀河鉄道によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗降人員は、298人であった[IGR 1]

近年の推移は以下のとおりである。なお、2000年度(平成12年度)- 2002年度(平成14年度)において、JR東日本が算出した数値は乗車人員のものである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
1日平均
乗降人員
出典
2000年(平成12年) 265 [JR 1]
2001年(平成13年) 255 [JR 2]
2002年(平成14年)(JR) 261 [JR 3]
2002年(平成14年)(IGR) 415 [IGR 2]
2003年(平成15年) 404 [IGR 3]
2004年(平成16年) 388 [IGR 4]
2005年(平成17年) 375 [IGR 5]
2006年(平成18年) 364 [IGR 6]
2007年(平成19年) 347 [IGR 7]
2008年(平成20年) 331 [IGR 8]
2009年(平成21年) 295 [IGR 9]
2010年(平成22年) 298 [IGR 10]
2011年(平成23年) 263 [IGR 11]
2012年(平成24年) 291 [IGR 12]
2013年(平成25年) 285 [IGR 13]
2014年(平成26年) 278 [IGR 14]
2015年(平成27年) 296 [IGR 15]
2016年(平成28年) 299 [IGR 16]
2017年(平成29年) 276 [IGR 17]
2018年(平成30年) 298 [IGR 1]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

  • 川口駅前バス停 県道157号線上(徒歩2分)
    • 岩手県北バス 盛岡バスセンター・沼宮内営業所方面(経路番号[B11][B12])
      • ただし、大渡循環線(沼宮内 - 川口 - 大渡 - 沼宮内)は当停留所は経由せず、1つ沼宮内寄りの川口公民館前から発着する。
    • JRバス東北 平庭高原線 盛岡駅(東口)・葛巻久慈方面
      • 盛岡方面の停留所は岩手県北バスとJRバスで場所が若干異なっているので、注意が必要。

隣の駅[編集]

IGRいわて銀河鉄道
いわて銀河鉄道線
好摩駅 - 岩手川口駅 - いわて沼宮内駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ 平成27年3月ダイヤ改正 (PDF) - IGRいわて銀河鉄道、2014年12月19日
  2. ^ {{[1]}} - IGRいわて銀河鉄道、2017年10月17日

利用状況[編集]

JR東日本[編集]

  1. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月4日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月4日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月4日閲覧。

IGRいわて銀河鉄道[編集]

  1. ^ a b 平成30年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月20日閲覧。
  2. ^ 平成14年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  3. ^ 平成15年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  4. ^ 平成16年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  5. ^ 平成17年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  6. ^ 平成18年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  7. ^ 平成19年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  8. ^ 平成20年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  9. ^ 平成21年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  10. ^ 平成22年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  11. ^ 平成23年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  12. ^ 平成24年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  13. ^ 平成25年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  14. ^ 平成26年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  15. ^ 平成27年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  16. ^ 平成28年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。
  17. ^ 平成29年度 駅別乗降人員 (PDF)”. IGRいわて銀河鉄道. 2019年2月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月4日閲覧。

関連項目[編集]