岩手県交通紫波営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:鮮明な画像での営業所外観および営業中の所属車両の画像提供をお願いします。2018年5月

岩手県交通紫波営業所(いわてけんこうつうしわえいぎょうしょ)は、岩手県紫波郡紫波町にあり、主に岩手県交通の紫波地区の路線を管轄する営業所である。かつては大迫バスターミナルを管理下に置いていた。なお、停留所名称は長らく『日詰駅』であったが、2011年10月1日に日詰駅ロータリーに乗り入れるようになったため同ロータリー内に「日詰駅前」停留所を新設し、同時に旧停留所は『紫波営業所』に改称された[1]

紫波営業所全景

所在地[編集]

岩手県紫波郡紫波町北日詰八反田58

沿革[編集]

所管路線[編集]

  • 紫波営業所所管の盛岡駅始発日詰方面の路線は、2016年9月30日までは盛岡バスセンターでは盛岡南高校線を除き全てななっく向ではなく、盛岡バスセンター始発便同様に構内3・4番乗り場で乗降の扱いを行っていたが、2016年10月1日からは全便がななっく向いの発着となった。

日詰線[編集]

  • 602:盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 仙北町 - 三本柳 - 矢巾口 - 古舘 - 日詰 - 日詰駅前
    • 2016年10月に一部便が日詰駅前発着から矢幅駅前発着に変更され、北高田線に編入された。
  • 604:盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 仙北町 - 日赤前- 三本柳 - 矢巾口 (→ 岩手医大病院)- 十日市 - 古舘 - 日詰 - 日詰駅前
  • 605:志和町 → 日詰駅前 → 日詰 → 古館 → 十日市 → 矢巾口 → 三本柳 → 日赤前 → 仙北町 → 盛岡バスセンター → 盛岡駅
  • 618:盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 仙北町 - 三本柳 - 矢巾口 - 古舘ニュータウン - 古舘 - 日詰 - 日詰駅前

土橋経由日詰線[編集]

  • 606 日詰駅前 → 日詰 → 古館 → 下土橋公民館 → 矢巾口 → 三本柳 → 仙北町 → 盛岡バスセンター → 盛岡駅
    • 平日のみ運行。

北高田線[編集]

矢巾医大線[編集]

  • 岩手医大病院 - 医大矢巾キャンパス入口 - 矢幅郵便局 - 矢幅駅
    • 2019年9月24日の改正より運行開始。
    • 平日のみ運行。

見前回り志和線[編集]

  • 608:盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 仙北町 - 大沼 - 盛岡南高校前 - 矢幅駅西口 - 矢巾町体育館前 - 水分農協前 - ラ・フランス温泉館 - 志和町 - 日詰駅前 - 紫波営業所
    • 2011年10月1日から矢幅駅西口に乗り入れ。

長岡線[編集]

  • 611:盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 八幡宮前 - 都南営業所 - 乙部 - 長岡支所前 - 犬吠森 - 日詰 - 日詰駅前
  • 612:盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 八幡宮前 - 都南営業所 - 乙部 - 長岡支所前
    • 都南営業所所管路線は、都南営業所発着(404系統)。

都南BT・イオンモール盛岡南線[編集]

盛南ループ『200』[編集]

イオンモール盛岡南線[編集]

桜台団地線[編集]

太田線[編集]

太田本宮線[編集]

大迫石鳥谷線[編集]

  • 大迫中学校 - 大迫バスターミナル - 大迫地域診療センター - 亀ヶ森 - 新堀 - 宝陽病院 - 石鳥谷駅
    • 大迫バスターミナル閉所に伴い、2018年12月30日の運行より当営業所の所管路線となった[2]
    • 2019年1月4日の運行より大迫バスターミナル発着から大迫中学校発着に変更[3]

受託運行路線[編集]

紫波町コミュニティバス「すこやか号」[編集]

  • 平成15年4月、それまであった複数の福祉目的バスを再編、一元化して誕生。
  • 紫波町が企画し、当所に運行業務を委託している[4]

廃止路線[編集]

下厨川線
  • 415:盛岡バスセンター - 大通三丁目 - 盛岡駅 - 舘坂橋 - 上堂 - 運動公園口 - 日本たばこ前 - 岩手牧場前
日詰線
  • 601:盛岡バスセンター - 仙北町 - 三本柳 - 矢巾口 - 古舘 - 日詰 - 日詰駅前
    • 2016年9月30日の盛岡バスセンター閉鎖に伴い廃止。
  • 603:盛岡バスセンター → 仙北町→ 日赤前 → 三本柳 → 矢巾口 → 十日市 → 古舘 → 日詰 → 日詰駅前
    • 2016年9月30日の盛岡バスセンター閉鎖に伴い一時廃止されたが、2017年に盛岡駅前発便の一部を盛岡バスセンター始発に変更して復活。復活後は片道、かつ、平日のみの運行。
    • 2019年9月24日の改正に伴い、廃止された。
  • 619:盛岡バスセンター → 川久保 → 北高田 → 古館 → 日詰 → 日詰駅 → 志和町
長岡線
  • 613:盛岡バスセンター → 八幡宮前 → 都南営業所 → 乙部 → 長岡支所前
  • 614:盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 八幡宮前 - 都南営業所 - 乙部 - 長岡支所前 - 八掛 - 日詰 - 日詰駅前
    • 613系統は2016年9月30日の盛岡バスセンター閉鎖に伴い廃止。
    • 614系統は、2017年3月の改正から平日のみの運行となった。後に、2017年12月1日を以って廃止。
永井廻り志和線
  • 607:盛岡駅 - 盛岡バスセンター - 仙北町 - 津志田 - 都南バスターミナル - 飯岡駅前 - 飯岡駅口 - 煙山学校前 - 不動学校前 - 宮手 - 志和町 - 日詰駅前 - 紫波営業所
    • 2011年10月1日から岩手飯岡駅構内に乗り入れ。
    • 2014年10月24日を以って廃止[5]
上田日詰線
都南ゾーンバス
  • 矢巾駅・乙部コース(乙部 - 不来方高等学校 - 矢幅駅 - 矢巾町役場)
太田線
  • 615:盛岡バスセンター - 盛岡駅 - 夕顔瀬橋 - 下川原 - 県立美術館前 - 先人記念館前
盛岡南高校線
  • 610:盛岡駅 → 盛岡バスセンター → 仙北町 → 大沼 → 盛岡南高校前
    • 2019年9月24日に廃止された[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平成23年10月停留所名称変更岩手県交通
  2. ^ 年末年始バス運行のお知らせ 岩手県交通 2018年12月24日閲覧(PDF)
  3. ^ 1/4「大迫石鳥谷線」時刻・経路変更のお知らせ 岩手県交通 2018年12月24日閲覧
  4. ^ コミュニティバス「すこやか号」”. 紫波町. 2019年9月20日閲覧。
  5. ^ 永井回り志和線の路線廃止について岩手県交通 2014年10月
  6. ^ 9/24〜 「岩手医科大学附属病院」乗り入れ及びダイヤ改正実施のお知らせ”. 岩手県交通. 2019年9月23日閲覧。