岩手県立中央病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 岩手県立中央病院
情報
英語名称 Iwate Prefectural Cyuou Hospital
標榜診療科 血液内科、総合診療科、腎臓・リウマチ科、がん化学療法科、神経内科、精神科、呼吸器内科、消化器内科・内視鏡科、循環器内科、小児科、乳腺・内分泌外科、外科、消化器外科、整形外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリテーション科、放射線科(診断科・治療科)、歯科口腔外科、麻酔科、ペインクリニック科、病理診断科
許可病床数 685床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 岩手県
管理者 望月泉(院長)
地方公営企業法 全部適用
所在地
020-0066
岩手県盛岡市上田1丁目4-1
二次医療圏 盛岡
PJ 医療機関
テンプレートを表示

岩手県立中央病院(いわてけんりつちゅうおうびょういん)は、岩手県盛岡市に所在し、岩手県が運営する病院である。盛岡保健医療圏の災害拠点病院地域がん診療連携拠点病院である。

沿革[編集]

  • 1933年(昭和8年)5月 - 明治23年開業の私立病院の経営委譲を受け、有限責任購買販売利用組合盛岡病院として発足。
  • 1936年(昭和11年)10月 - 岩手県医薬購買販売利用組合連合会盛岡病院に改称。
  • 1941年(昭和16年)12月 - 保証責任岩手県信用購買販売利用組合連合会盛岡病院に改称。
  • 1943年(昭和18年)11月 - 岩手県農業会盛岡病院として岩手県農業会に移管改称。
  • 1948年(昭和23年)11月 - 岩手県厚生農業協同組合連合会盛岡病院に改称。
  • 1950年(昭和25年)11月 - 岩手県立盛岡病院として県に移管し改称。
  • 1954年(昭和29年)4月 - 地方公営企業法一部適用。
  • 1960年(昭和35年)4月 - 建物の改築とともに岩手県立中央病院に改称。併せて、地方公営企業法全部適用。

アクセス[編集]

ただし、いずれの場合も盛岡駅方面に向かう場合は、「県立中央病院前」から乗車する。

関連項目[編集]

脚注[編集]