岩手県道・宮城県道295号藤沢大籠線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
岩手県道295号標識
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
宮城県道295号標識
岩手県道295号 藤沢大籠線
宮城県道295号 藤沢大籠線

ふじさわおおかごせん
実延長 11.8 km
制定年 1972年
起点 一関市藤沢町藤沢字早道
国道456号交点【地図
主な
経由都市
登米市
終点 一関市藤沢町大籠字下野在家
国道346号交点【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0456.svg 国道456号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
岩手県道218号標識
岩手県道218号藤沢津谷川線
Japanese National Route Sign 0346.svg 国道346号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

岩手県道・宮城県道295号藤沢大籠線(いわてけんどう・みやぎけんどう295ごう ふじさわおおかごせん)は、岩手県一関市藤沢町藤沢から一関市藤沢町大籠に至る一般県道である。

概要[編集]

一関市藤沢町中心部から気仙沼市・登米市方面へのメインルートとして利用されている。途中の大籠小学校・平山牧場(登米市東和町米川字大柄沢)付近は急カーブが連続していたため改良工事が行われた。その際に工区の一部が県境をまたぐ形になり、当線は岩手県内単独路線から宮城県にもまたがる路線に変わった。このため県道番号はかつての155から295に変更され、管理は全区間岩手県が行っている[1]

路線データ[編集]

歴史[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 平成26年度 みやぎの道路 (PDF)”. 道路現況. 宮城県土木部. p. 13 (2014年4月1日). 2015年3月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e 路線の起終点と道路現況(一般県道) (PDF)”. 岩手県 (2012年4月1日). 2015年3月20日閲覧。

関連項目[編集]