岩手県道13号盛岡和賀線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
岩手県道13号標識
岩手県道13号 盛岡和賀線
主要地方道 盛岡和賀線

もりおかわがせん
実延長 48.6865 km
制定年 1976年
開通年 未調査
起点 盛岡市城西町(地図
太田橋北袂交差点・岩手県道1号盛岡横手線交点
主な
経由都市
紫波郡矢巾町
紫波郡紫波町
花巻市
終点 北上市和賀町藤根18地割(地図
国道107号交点
接続する
主な道路
(記法)
Japanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道1号標識
岩手県道1号盛岡横手線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道16号標識
岩手県道16号盛岡環状線
Japanese National Route Sign 0046.svg国道46号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道36号標識
岩手県道36号上米内湯沢線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 7.svg
都道府県道37号標識
岩手県道37号花巻平泉線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道12号標識
岩手県道12号花巻大曲線
Japanese National Route Sign 0107.svg国道107号
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

岩手県道13号盛岡和賀線(いわてけんどう13ごう もりおかわがせん)は、岩手県盛岡市から北上市和賀町に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

国道4号の西側にほぼ並行して通っている。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1959年(昭和34年)3月31日 - 藤根盛岡線として県道に認定される[2]
  • 1976年(昭和51年)10月1日 - 盛岡和賀線として県道に認定される[1]
  • 1993年(平成5年)5月11日 - 建設省から主要地方道盛岡和賀線に指定される[3]
  • 2013年平成25年)3月27日 - 笹間バイパス(花巻市)が全線開通[4]
  • 2015年(平成27年)3月21日 - 盛岡市内の羽場・飯岡拡幅工事が完成し、バイパス道路が全線開通[5]。これにより盛岡市中心部と矢巾町流通センター地区が片側2車線道路で直結。
  • 2016年(平成28年)4月1日 - 盛岡市内羽場・飯岡地区の新道が当線の本線となり、飯岡十文字経由の旧道は盛岡市道へ降格[6]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

バイパス[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 路線の起終点と道路現況 (PDF)”. 岩手県県土整備部 (2014年4月1日). 2016年5月6日閲覧。
  2. ^ 県道路線の認定(昭和34年岩手県告示第280号)
  3. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  4. ^ “主要地方道盛岡和賀線『笹間バイパス』(花巻市)全線開通!” (プレスリリース), 岩手県県土整備部, (2014年9月30日), http://www.pref.iwate.jp/douro/kaitsuu/39057/44768/028242.html 2016年5月6日閲覧。 
  5. ^ “主要地方道盛岡和賀線『飯岡・羽場工区』全線開通!” (プレスリリース), 岩手県県土整備部, (2015年3月23日), http://www.pref.iwate.jp/douro/kaitsuu/39057/29986/034255.html 2016年5月6日閲覧。 
  6. ^ 平成27年盛岡広域振興局長告示第87号 (PDF)”. 岩手県 (2015年11月17日). 2016年9月22日閲覧。

関連項目[編集]