岩手県道21号花泉藤沢線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
岩手県道21号標識
岩手県道21号 花泉藤沢線
主要地方道 花泉藤沢線

はないずみふじさわせん
実延長 18,101.4 m
制定年 1976年
起点 一関市花泉町若松字水沢【地図
終点 一関市藤沢町藤沢字町【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0342.svg 国道342号
Japanese National Route Sign 0456.svg 国道456号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
一関市花泉町涌津付近

岩手県道21号花泉藤沢線(いわてけんどう21ごう はないずみふじさわせん)は、岩手県一関市花泉町から一関市藤沢町に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1959年昭和34年)3月31日 - 藤沢花泉停車場線として県道に認定される[3]
  • 1976年(昭和51年)4月1日 - 県道藤沢花泉停車場線の一部が、花泉藤沢線として建設省(現・国土交通省)から主要地方道の指定を受ける[4]
  • 1976年(昭和51年)10月1日 - 花泉藤沢線として県道に認定される[1]
  • 1993年(平成5年)5月11日 - 建設省により改めて主要地方道の指定を受ける[5]
  • 2005年平成17年)8月27日 - 花泉中心部をバイパスする新道(老松工区)が開通する[6]
  • 2016年(平成28年)10月14日 - 国道342号のバイパスが開通したことにより、起点の位置が一関市花泉町若松字水沢の国道342号交点に変更される[2]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 路線の起終点と道路現況(平成30年4月1日現在) (PDF)”. 岩手県県土整備部. 2020年5月1日閲覧。
  2. ^ a b 道路の区域の変更(平成28年県南広域振興局長告示第137号) (PDF)”. 岩手県 (2016年10月14日). 2019年6月22日閲覧。
  3. ^ 県道路線の認定(昭和34年岩手県告示第280号)
  4. ^ 主要な都道府県道及び市道を指定する等の件(昭和51年建設省告示第694号)
  5. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  6. ^ 岩手県の道路の略年表 (PDF)”. 岩手県県土整備部. p. 5. 2019年6月22日閲覧。

関連項目[編集]