岩手県道235号永沢水沢線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
岩手県道235号標識
岩手県道235号 永沢水沢線
ながさわみずさわせん
実延長 7.8779 km
制定年 1973年
廃止年 2016年
起点 胆沢郡金ケ崎町永沢
県道196号県道288号交点
終点 奥州市水沢区赤土田
岩手県道226号佐倉河真城線交点
接続する
主な道路
(記法)
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道196号標識
岩手県道196号胆沢金ケ崎線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道288号標識
岩手県道288号北上水沢線
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 6.svg
都道府県道226号標識
岩手県道226号佐倉河真城線
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

岩手県道235号永沢水沢線(いわてけんどう235ごう ながさわみずさわせん)は、岩手県胆沢郡金ケ崎町永沢から奥州市水沢区赤土田に至る、かつて存在した岩手県の一般県道である。本稿では廃止時点の路線状況を記述している。

概要[編集]

胆沢郡金ケ崎町永沢の岩手県道196号胆沢金ケ崎線交点で、岩手県道288号北上水沢線北上市方面から南東方向へ連続して路線が始まる。胆沢川を渡ってすぐに東へ進路を変え、東北自動車道の下を立体交差したあと奥州市立佐倉河小学校の先で南に進路を変える。起点から重複していた岩手県道288号北上水沢線と水沢区八反町で分岐し約800m先の岩手県道226号佐倉河真城線交点で路線が終わる。

路線データ[編集]

歴史[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

沿線の施設[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 路線の起終点と道路現況 (PDF)”. 岩手県県土整備部 (2014年4月1日). 2016年4月30日閲覧。
  2. ^ 平成28年岩手県告示第341号 (PDF)”. 岩手県 (2016年3月31日). 2016年4月30日閲覧。
  3. ^ コラム「つむじ風」”. 日刊岩手建設工業新聞 (2016年3月28日). 2016年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月30日閲覧。

関連項目[編集]