岩手県道43号盛岡大迫東和線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
岩手県道43号標識
岩手県道43号 盛岡大迫東和線
主要地方道 盛岡大迫東和線
実延長 50,908.1m
制定年 1994年
起点 盛岡市川目第1地割【地図
終点 花巻市東和町安俵6区【地図
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0106.svg国道106号
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道25号標識
岩手県道25号紫波江繋線
Japanese National Route Sign 0396.svg国道396号
Japanese National Route Sign 0283.svg国道283号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
都道府県道39号標識
岩手県道39号北上東和線
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

岩手県道43号盛岡大迫東和線(いわてけんどう43ごう もりおかおおはさまとうわせん)は、岩手県盛岡市川目地区から花巻市東和町に至る県道主要地方道)である。

概要[編集]

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1993年平成5年)5月11日 - 県道の盛岡大迫線の一部と内川目大迫線の全線、江刺大迫線の一部が、盛岡大迫東和線として建設省から主要地方道に指定[1]
  • 1994年(平成6年)3月15日 - 盛岡大迫東和線として県道に認定。
  • 2013年(平成25年)3月10日 - 簗川ダム 付替道路の「梁川工区」区間 (4.0km) 開通[2][3]。それと同時に旧道部分が封鎖され、通行することが出来なくなった。
  • 2018年(平成30年)3月8日 - 道路崩落により盛岡市砂子沢舘と盛岡市砂子沢長野峠(花巻市境)の区間で全面通行止めとなる[4]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

道の駅[編集]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

交差する道路[編集]

(県道25号重複区間)

  • 岩手県道25号紫波江繋線・江繋方面(道の駅はやちね前、花巻市大迫町内川目第10地割)

国道396号大迫バイパスとは立体交差し、直接接続しない)

  • 国道396号・遠野方面(花巻市大迫町大迫第14地割)

(国道396号重複区間)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  2. ^ 県が復興道路として位置付けた「宮古盛岡横断道路」の 初めての開通区間について(簗川ダム付替道路) (PDF)” (プレスリリース), 岩手県県土整備部道路建設課, (2013年1月16日) [リンク切れ]
  3. ^ “宮古盛岡横断道路(一般国道106号)『簗川道路』等(盛岡市)開通!” (プレスリリース), 岩手県, (2014年9月30日), http://www.pref.iwate.jp/douro/kaitsuu/28241/028244.html 2015年6月18日閲覧。 
  4. ^ 災害による通行規制情報 - 岩手県道路情報提供サービス

関連項目[編集]