岩本光正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岩本 光正(いわもと みつまさ、1952年1月 - )は、日本の工学者。専門は、有機エレクトロニクス、分子膜物性、誘電体物性工学。

略歴[編集]

長野県諏訪郡下諏訪町出身。長野県諏訪清陵高等学校を経て、1975年東京工業大学工学部電気工学科卒業。1978年諏訪精工舎(現・セイコーエプソン)入社。1981年東京工業大学大学院理工学研究科電気工学専攻博士課程修了。1985年同大学助教授。1995年同大学教授。

著書[編集]

  • 『電子材料』培風館 2009年
  • 『基本を学ぶ電気電子物性』オーム社 2011年
  • 『熱刺激電流を用いた材料・デバイス開発の最前線』シーエムシー出版 2016年