岩本武和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩本 武和
ケインズ経済学
生誕 (1957-06-22) 1957年6月22日(62歳)
日本の旗 日本 広島県広島市
研究機関 京都大学
研究分野 国際経済学
母校 早稲田大学政治経済学部
京都大学大学院経済学研究科
影響を
受けた人物
伊東光晴
テンプレートを表示

岩本 武和(いわもと たけかず、1957年昭和32年)6月22日 - )は、日本経済学者。専門は、国際経済学国際金融論、国際通貨システム。京都大学大学院経済学研究科教授広島県出身。

人物[編集]

父親は元プロ野球選手・コーチの岩本章である。

師匠に、伊東光晴京都大学名誉教授)をもつ。

所属学会は、日本国際経済学会(現在、常任理事)、経済学史学会、日本金融学会。大学の講義では、国際経済学国際金融論、国際経済政策を担当する。京都大学公共政策大学院でも教鞭をとっている。

略歴[編集]

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 1988年4月 東京外国語大学付属日本語学校(現:留学生教育センター)講師
  • 1990年4月 静岡大学人文学部経済学科助教授
  • 1993年4月 京都大学経済学部助教授
  • 1999年10月 京都大学大学院経済学研究科教授

著作[編集]

単著[編集]

  • 『ケインズと世界経済』(岩波書店, 1999年, ISBN 4000227041)

共著[編集]

翻訳[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文 『ケインズと世界経済』 - 博士論文書誌データベース