岩本輝雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩本 輝雄 Football pictogram.svg
名前
愛称 テル
カタカナ イワモト テルオ
ラテン文字 IWAMOTO Teruo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1972-05-02) 1972年5月2日(47歳)
出身地 神奈川県横浜市金沢区
身長 180cm[1]
体重 74kg[1]
選手情報
ポジション MF[1] / DF
利き足 左足
ユース
1988-1990 日本の旗 横浜商科大学高校
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1991-1993 日本の旗 フジタ 46 (10)
1994-1997 日本の旗 ベルマーレ平塚 96 (15)
1998 日本の旗 京都パープルサンガ 33 (8)
1999 日本の旗 川崎フロンターレ 12 (5)
2000 日本の旗 ヴェルディ川崎 9 (0)
2001-2003 日本の旗 ベガルタ仙台 82 (14)
2004 日本の旗 名古屋グランパスエイト 5 (0)
2006 ニュージーランドの旗 オークランド・シティ 3 (0)
代表歴
1994[2] 日本の旗 日本 9 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

岩本 輝雄(いわもと てるお、1972年5月2日 - )は、神奈川県横浜市金沢区出身の元サッカー選手ポジションディフェンダーミッドフィールダーベルマーレ平塚を皮切りに名古屋グランパスエイトを退団するまで6チーム(ベルマーレの前身、フジタを除く)に在籍した。

2004年名古屋グランパスエイトを退団後、約2年間選手生活から遠ざかっていたが、2006年10月ニュージーランドオークランド・シティFCと契約を結び、12月に行われたFIFAクラブワールドカップのオセアニア地区代表として2試合に出場した。

来歴[編集]

フジタ / ベルマーレ平塚[編集]

横浜商科大学高等学校卒業後の1991年、フジタサッカークラブに加入[3]。高校時代まではミッドフィールダーだったが、同年7月にニカノールヘッドコーチによって左サイドバックにコンバートされた[4]。元々、左サイドバックを務めていた名良橋晃を右サイドに移した上での起用となったが、当時の岩本は左足の確かな技術を有する一方で、守備については不安視をされていた[5]。一方、ニカノールは「カバーリングと1対1で負けないこと。それだけ気をつけておけ」と岩本を後押ししたという[6]

加入初年度から出場機会を得ると、1991-92シーズンのJSL2部では22試合に出場し7得点を記録[3]。チームがJリーグ参入を逃したため1992年夏からはジャパンフットボールリーグでのプレーとなったが、右サイドバックの名良橋と共に両サイドが高めのポジションを取ることでチームを牽引し[4]、Jリーグ昇格に貢献。この当時のチームは「湘南の暴れん坊」と称された[4][6]。その活躍が認められ日本代表に選出され[6]、さらにJリーグ昇格後の1994年天皇杯優勝、NICOSシリーズ2位などの原動力となった[6]

1995年、短期留学したブラジルで右足甲を痛め、代表定着のきっかけを失った。さらにリーグ戦では左膝靱帯を傷めたため靱帯に筋を移植、半月板を一部切除する手術を2回受けたため、チームのアジアカップウィナーズカップ初制覇に帯同できなかった[3]

日本代表[編集]

ハンス・オフト監督時代の1993年、左サイドバックのレギュラーだった都並敏史が負傷したことにより代表入りが噂され、代表スタッフによりチェックを受けたが招集には至らなかった[7]

ファルカン監督時代の1994年、日本代表に初招集され、同年5月22日に行われたキリンカップオーストラリア代表戦で代表デビューを果たした[7][8]

日本代表に選ばれた当初は背番号6を付け、左サイドバックでプレーした[5][7]。アシックスカップのガーナ代表戦では中盤での起用となり、7月14日に行われた第2戦では代表初得点を記録した[7][9]

10月から広島県で行われたアジア大会では澤登正朗を抑えて10番に抜擢されたが[5][7]、自身のコンディション不良の影響で先発から外れた試合もあり、満足な活躍は出来なかった[7]。同年10月11日に行われたアジア大会準々決勝の韓国代表戦が最後の代表出場となった[7][10]。アジア大会終了後、ファルカンが解任され、加茂周が監督に就任すると、これ以降は再び代表に呼ばれることはなかった[7]

怪我との戦い[編集]

故障の影響から、その後ベルマーレ平塚での活躍ぶりに陰りが見え始めた。そんな中、1998年に京都パープルサンガへ移籍し、33試合に出場し8得点を記録するなど復調の兆しを見せた[3]。京都を退団後は川崎フロンターレヴェルディ川崎と渡り歩いたが、怪我がちでなかなかチームに定着できず[3]。V川崎では監督と対立した末、2000年5月に自主退団した[5]

その後は自主トレーニングを続けていたが、同年10月に京都時代に指導を受けた清水秀彦を頼ってベガルタ仙台の練習に参加[5]。翌2001年、仙台に加入すると左サイドでの攻撃の軸として復活を果たし[3]、チームをJ1へと導くゴールを挙げた財前宣之へのクロスに象徴される数々のアシストを記録した[3]。特に長身FWのマルコスとの相性は抜群で、この当時は左サイドからのクロスに磨きをかけていたという[5]

2004年、名古屋グランパスエイトへ移籍[3][11]5月29日ナビスコカップ予選Bグループ第3節対アルビレックス新潟戦(名古屋市瑞穂公園陸上競技場)でジャンプ後の着地に失敗して右足首を負傷し、途中交代した[3]。受傷後すぐに「靱帯の一部損傷」という診断結果が出たため、しばらくして練習を再開したものの[3]、後に右足首靭帯断裂という診断を受けた[3]。8月29日の横浜F・マリノス戦を最後に試合から遠ざかり[12]、10月、12月に2回手術を受けたが回復しないまま、同年限りで名古屋を退団した[12]

手術により歩行可能にはなったものの、慢性的な痛みが残り、軽く運動しただけで足首はテニスボールのように腫れたという[5]。その後はリハビリを続けながら現役復帰を目指すこととなった[3][13]

タレントとしての活動[編集]

リハビリのかたわら芸能プロダクション三桂と契約し、タレントとしても活動をしていた[12]

2006年、4月から6月にかけてNHK衛星放送『東海道五十三次完全踏破 街道てくてく旅』に旅人として出演。徒歩により約500kmある東海道五十三次を2か月半かけて完全制覇した[12]。また、4月発売のゲームウイニングイレブン10の中ではピッチレポーターとして登場している。

2008年のNHK教育テレビ『テレビでスペイン語』では得意のスペイン語を生かしてExamen(試験)コーナーでトップ賞を数多く勝ち取っている。9月11日放送分で最後を待たずに総合優勝した。

現役復帰[編集]

2006年8月、Jリーグのアビスパ福岡との契約交渉まで話が進展したが[12]、契約は実現せず。

同年10月、ニュージーランドオークランド・シティと7週間の短期契約を締結した[14]。オークランド・シティはFIFAクラブワールドカップへの出場を控えていたが、岩本以外の全選手がセミプロ契約というチームだった[14]。12月のFIFAクラブワールドカップでは、途中出場ながら2試合に出場。これをもって正式に現役を引退した[3]

引退後[編集]

2009年1月、現役時代に所属していたクラブの1つである仙台がクラブの親善大使である「アンバサダー」職を新設。その初代アンバサダーに就任し、2010年まで務めた。2011年12月、横浜創学館高等学校サッカー部コーチに就任[15]

2015年8月よりワタナベエンターテインメントとマネジメント契約することが本人のブログで明らかとなった[16]

エピソード[編集]

AKB48のファンとして[編集]

現役引退後は、AKB48の熱狂的なファンとしても知られるようになった。推しメンバーは小嶋菜月大島涼花であることも公言していた。本人曰く「頭の中はサッカーが8割、AKB48が2割」とのこと。2015年9月18日にAKB48劇場で初日を迎えた岩本輝雄『青春はまだ終わらない』公演のプロデュースを行い、小嶋菜月をセンターに指名した[17]

しかし、2019年6月26日放送の『有吉大反省会2時間SP ウソつきアイドル祭り!!』に出演し、これまで「小嶋菜月の推し」を大々的に明言していたが、実は2推しで1推しは渡辺麻友であり、「推しメン詐称」をしていたことを告白・反省した[18]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1991-92 フジタ 13 JSL2部 22 7 0 0
1992 旧J1 14 2 - 0 0 14 2
1993 10 1 4 3 1 0 15 4
1994 平塚 - J 37 6 1 1 5 3 43 10
1995 18 2 - 1 0 19 2
1996 17 3 9 2 3 0 29 5
1997 13 24 4 6 0 3 2 33 6
1998 京都 6 33 8 4 1 1 0 38 9
1999 川崎 28 J2 12 5 1 0 0 0 13 5
2000 V川崎 11 J1 9 0 2 0 0 0 11 0
2001 仙台 14 J2 34 5 2 1 3 0 39 6
2002 J1 22 4 6 0 2 0 30 4
2003 26 5 4 0 0 0 30 5
2004 名古屋 8 5 0 1 0 0 0 6 0
ニュージーランド リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
2006-07 オークランド 53 NZFC 3 0 - - 3 0
通算 日本 J1 191 32 33 4 15 5 239 41
日本 J2 46 10 3 1 3 0 52 11
日本 JSL2部 22 7 0 0
日本 旧JFL1部 24 3 4 3 1 0 29 6
ニュージーランド NZFC 3 0 - - 3 0
総通算 286 52

その他の公式戦

国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
OFCOFC CLクラブW杯
2006 オークランド 16 - 2 0
通算 OFC - -
FIFA 2 0

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 9試合 2得点 (1994)[2]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
1994 9 2
通算 9 2

タレント活動[編集]

サッカー解説番組[編集]

バラエティ番組[編集]

その他のテレビ番組[編集]

イベント出演[編集]

  • 宮澤ミシェルのJトークライブ

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 登録選手一覧表 Jリーグ公式サイト 2004.12.10
  2. ^ a b “岩本 輝雄”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_a/teruo_iwamoto.html 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 岩本輝雄。左足で魔法を使う、ベイビーフェイスのFKキッカー”. VICTORY all sports news. 2020年1月21日閲覧。
  4. ^ a b c 【岩本輝雄のDirecto】勝つことも大事だけど、それ以上に大事なのは点を取ること…「お父さん」ニカノール氏に教えられたこと”. スポーツ報知 (2018年11月30日). 2020年1月21日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g 【岩本輝雄の転機】一度Jリーグを辞めた後、なぜ復活できたのか”. livedoorスポーツ (2019年5月2日). 2020年1月21日閲覧。
  6. ^ a b c d 加部究 (2018年12月4日). “攻めのマインドを貫いて… 久米一正とニカノール、そして西野朗の捻じれた巡り合わせ”. legendsstadium.com. 2020年1月21日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h サッカー日本代表 激闘日誌 岩本輝雄が語る代表デビュー戦秘話”. Number Web (2018年6月8日). 2020年1月21日閲覧。
  8. ^ 代表TIMELINE キリンカップサッカー'94 [1994.05.22] 広島・広島ビッグアーチ”. 日本サッカー協会. 2020年1月21日閲覧。
  9. ^ 代表TIMELINE アシックスカップサッカー'94 [1994.7.14] 神戸・神戸ユニバー記念競技場”. 日本サッカー協会. 2020年1月21日閲覧。
  10. ^ 代表TIMELINE 第12回アジア競技大会(広島) [1994.10.11] 広島・広島スタジアム”. 日本サッカー協会. 2020年1月21日閲覧。
  11. ^ 2004年 新加入選手(移籍) 入団会見の模様”. 名古屋グランパスエイト Official Web Site (2004年2月2日). 2020年1月21日閲覧。
  12. ^ a b c d e ピッチ離れ2年、タレント活動 元代表・岩本 福岡で復帰 J1残留「切り札」期待”. 西日本新聞 (2006年8月18日). 2006年9月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月21日閲覧。
  13. ^ 【PR】“キング・カズ”から“雑草の星”まで… FIFAクラブワールドカップに挑んだ「海外組」の奮闘記”. 名古屋グランパスエイト Official Web Site (2016年10月24日). 2020年1月21日閲覧。
  14. ^ a b 国内サッカーレポート 唯一のクラブ世界一決定戦が再び日本にやってくる。ワールドクラスの真剣勝負を見逃すな!(06.11.22)”. 日本サッカー協会 (2006年11月22日). 2020年1月21日閲覧。
  15. ^ 【総体】元日本代表MF岩本輝雄コーチの横浜創学館、躍進も神奈川8強で姿消す - ゲキサカ、2012年6月18日
  16. ^ 15周年 - 元サッカー選手 岩本輝雄 official ブログ by ダイヤモンドブログ、2015年9月17日
  17. ^ AKB小嶋菜月、岩本輝雄の恋心一蹴 “テル48”公演キックオフ - ORICON STYLE、2015年9月18日
  18. ^ 岩本輝雄さん、「有吉大反省会SP」でAKB「推しメン詐称」を告白 小嶋菜月の推し「ウソでした」 - スポーツ報知、2019年6月26日
  19. ^ ワールドカップ後にメンバーを一新する訳 ぶるぺん(GYAO!オリジナル) | バラエティ・スポーツ | 無料動画GYAO!” (日本語). GYAO!. 2018年9月30日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『1991-1992JSLイヤーブック』日本サッカーリーグ編、南雲堂、1991 ISBN 4-523-31033-5
  • 『日本サッカーリーグ全史』日本サッカーリーグ、1993
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1994・サントリーシリーズ』、小学館、1994 ISBN 4-09-102310-X
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1994・ニコスシリーズ』、小学館、1994 ISBN 4-09-102314-2
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1995・サントリーシリーズ』、小学館、1995 ISBN 4-09-102318-5
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1995・NICOSシリーズ』、小学館、1995 ISBN 4-09-102321-5
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1996』、小学館、1996 ISBN 4-09-102324-X
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1997』、小学館、1997 ISBN 4-09-102329-0
  • 『Jリーグオフィシャルガイド1998』、小学館、1998 ISBN 4-09-102335-5
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 1999』、トランスアート、1999 ISBN 4-88752-100-6
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 2000』、トランスアート、2000 ISBN 4-88752-102-2
  • 『J.LEAGUE Official Fans' Guide 2001』、トランスアート、2001 ISBN 4-88752-104-9
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2002』、NTT出版、2002 ISBN 4-7571-8116-7
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2003』、NTT出版、2003 ISBN 4-7571-8134-5
  • 『J.LEAGUE OFFICIAL FANS' GUIDE 2004』、コナミメディアエンタテインメント、2004 ISBN 4-86155-802-6
  • 『Jリーグオフィシャルレコード&データ1994』、小学館、1994 ISBN 4-09-102309-6
  • 『Jリーグオフィシャルレコード&データ1995』、小学館、1995 ISBN 4-09-102317-7
  • 『Jリーグオフィシャルレコード&データ1996』、小学館、1996 ISBN 4-09-102323-1
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 1999』、トランスアート、1999 ISBN 4-88752-099-9
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2000』、トランスアート、2000 ISBN 4-88752-101-4
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2001』、トランスアート、2001 ISBN 4-88752-103-0
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2002』、NTT出版、2002 ISBN 4-7571-8117-5
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2003』、NTT出版、2003 ISBN 4-7571-8135-3
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2004』、コナミメディアエンタテインメント、2004 ISBN 4-86155-801-8
  • 『J.LEAGUE YEARBOOK 2005』、コナミメディアエンタテインメント、2005 ISBN 4-86155-806-9