岩村俊武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩村俊武

岩村 俊武(いわむら としたけ、慶応2年8月27日1866年10月5日) - 昭和18年(1943年11月9日[1])は、日本の海軍軍人。最終階級は海軍中将。幼名は団次郎のち教通。大正4年(1915年)に俊武と改名。

履歴[編集]

慶応2年(1866年)、土佐国幡多郡宿毛(現・高知県宿毛市)に岩村通俊の次男として生まれた。明治20年(1887年)7月、海軍兵学校14期)を卒業。明治22年(1889年)9月、海軍少尉任官。日清戦争日露戦争に出征。特に水雷戦術に長じていた。

明治41年(1908年)2月、軍令部副官に就任し、同年9月、海軍大佐に昇進。明治43年(1910年)12月、横須賀鎮守府付となり、同44年(1911年)12月、装甲巡洋艦「吾妻」艦長に着任。戦艦「香取」艦長を経て、大正2年(1913年)12月、海軍少将に進級し朝鮮総督府付武官となる。

大正3年(1914年)11月、臨時青島要港部司令官に就任し、第4水雷戦隊司令官、第1水雷戦隊司令官、練習艦隊司令官、海軍将官会議議員を歴任。大正6年(1917年)12月、海軍中将に進み大湊要港部司令官となった。大正8年(1919年)12月、二度目の将官会議議員に就任。大正9年(1920年)8月に待命となり、大正10年(1921年)4月、予備役に編入。

退官後、郷里の宿毛に帰ったがのちに上京し昭和18年(1943年)11月に死去。墓は東京多磨霊園

栄典[編集]

位階
勲章等

親族[編集]

岩村通世
(『大日本司法大観』より)

著書[編集]

  • 『馬鹿鳥の声』富山房、1922年。
  • 『馬鹿鳥の声 続』富山房、1943年。

脚注[編集]

  1. ^ 『日本海軍史』第9巻、132頁。
  2. ^ 『官報』第2539号「叙任及辞令」明治24年12月15日
  3. ^ 『官報』第4046号「叙任及辞令」1896年12月22日。
  4. ^ 『官報』第451号「叙任及辞令」1914年1月31日。
  5. ^ 『官報』第1624号「叙任及辞令」1917年12月29日。
  6. ^ 『官報』7005号・付録「叙任及辞令」1906年11月2日。

参考資料[編集]

  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。


先代:
土屋光金
大湊要港部司令官
第12代:1917年12月1日 - 1919年12月1日
次代:
森山慶三郎