岩村田遊郭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
門柱跡

岩村田遊郭(いわむらだゆうかく、岩村田遊廓)は、かつて長野県佐久市岩村田にあった遊廓

歴史[編集]

1948年(昭和23年)撮影の鼻顔稲荷神社空撮。中央の森が鼻顔稲荷神社社叢。中央を流れる湯川を挟んで左下に見えるのが遊廓跡か。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

1889年明治22年)、遊廓開業[1]

現在の佐久市岩村田(当時・北佐久郡岩村田町)の東部、鼻顔稲荷神社とは湯川を挟んで対岸に位置していた。遊廓周辺の稲荷町・花園町は鼻顔稲荷神社の鳥居前町として発展した街で、遊廓の開業は商業の発展に拍車を掛けた[1]

中山道追分宿(北佐久郡軽井沢町)から移った「分里郭」が11軒あった。2階から3階建ての建物が多かった中、「本嘉女屋」は5階建てで、屋上部分はイスラーム建築を思わせるドームがあった[2]

遊廓があった当時は色情にまつわる都々逸が流行した。いくつか種類があり、これを歌えない者は堅物などといって小馬鹿にされたという。夕方になり、風に乗って運ばれてくる女たちの歌声は、働く若者たちの仕事の手を止めてしまうものだった。誘惑に負け散財したなどという色話が伝えられている[2]

1940年昭和15年)、遊廓廃止[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 福井一喜・金延景・上野李佳子・兼子純「長野県佐久市岩村田地区における商業空間の変容」『地域研究年報 第37号筑波大学2015年、231 – 254ページ。
  2. ^ a b 『佐久市志 民俗編 下』1026ページ。

参考文献[編集]

  • 佐久市志編纂委員会編纂『佐久市志 民俗編 下』佐久市志刊行会、1990年

関連項目[編集]