岩永勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩永 勝(いわなが まさる、1951年昭和26年8月 - )は、日本研究者。専門は植物遺伝育種学および国際開発論。独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構作物研究所所長。2002年から2008年まではCIMMYT(国際トウモロコシ・コムギ改良センターメキシコ・テクスココ)にてアジア人初の所長を務めた。長崎県出身[1][2]

略歴[編集]

受賞[編集]

  • 2004年 - ベルギー王室の国際農業研究賞(King Baudouin Award)
  • 2006年 - 日本農学賞・読売農学賞 - 業績論文『植物遺伝資源の保全と利用のための遺伝育種研究と国際貢献』
  • 2006年 - ベルギー王室の国際農業研究賞(King Baudouin Award)

学歴[編集]

著書[編集]

参考[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 高知大学 - Kochi University - |091117kurosio.pdf (application/pdf オブジェクト)
  2. ^ 週刊現代2010年12月4日号39頁、200頁 - 「日本の天才たち、すごい頭脳-この国に誇るべき人材が山ほどいる」