岩瀬弥助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩瀬弥助

岩瀬 弥助(いわせ やすけ、1867年慶応3年)10月6日 - 1930年昭和5年)1月3日)は、日本の実業家。西尾鉄道初代社長を務めたほか、私財を投じて岩瀬文庫をも創設した。

略歴[編集]

三河国西尾城下の須田町(現・愛知県西尾市)にて、肥料商を営む岩瀬弥蔵の長男として生まれる。幼名は吉太郎で、小学校を卒業すると家業を継いだ。20歳の時に宇野卯平の養子となるが、1887年明治10年)に本家の当主である叔父が没したことにより宇野家との養子縁組を解消して、本家の山本屋に養子に入り家督を継いだ。その際に従妹である叔父の長女と結婚し、祖父の名を襲名して四代目弥助を名乗る。同年、旧西尾藩士・矢島貞廉(やじま ていれん)が中心となって結成した、法律、経済、社会問題について学ぶ談話会に入会し幹事となる。株式投資に関心を持ち積極的な投資活動を行うと、やがて西三河でも屈指の資産家になっていった。政治にも意欲を示し、1898年(明治31年)には西尾町長に就任したが在職わずか1年4か月余りで辞任した。1911年(明治44年)には西尾鉄道社長として西尾・岡崎間を結ぶ軽便鉄道の開通を実現させた。

また、社会事業家としても足跡を残し、1908年(明治41年)5月6日には社会に利益を還元し地域文化の向上に役立たせるべく、私立(私設)図書館として岩瀬文庫を開館させたほか[注釈 1]、学校建設にも大きな貢献をし、西尾高等女学校と西尾中学校(2校とも現在の愛知県立西尾高等学校)、蚕糸学校(現在の愛知県立鶴城丘高等学校)、西尾小学校など、用地、資金面で多大な援助をした。日本赤十字社や公死傷者や貧民救済のためにも多額の寄付をした。

岩瀬文庫[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時の蔵書数は愛知県内一を誇り、2万7千冊を越えていたといわれる。

出典[編集]

関連項目[編集]