岩田康誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
岩田康誠
Yasunari-Iwata20120408.jpg
2012年桜花賞表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県姫路市
生年月日 (1974-03-12) 1974年3月12日(47歳)
身長 159cm
体重 52kg
血液型 AB型
騎手情報
所属団体 日本中央競馬会
所属厩舎 兵庫・清水正人(1989 - 2006)
栗東・フリー(2006 - )
勝負服 白・青襷(兵庫)
初免許年 1991年(兵庫)/2006年(JRA)
免許区分 平地[1]
テンプレートを表示

岩田 康誠(いわた やすなり、1974年3月12日 - )は、日本中央競馬会 (JRA) 所属の騎手

来歴[編集]

兵庫県競馬所属時代[編集]

園田時代

兵庫県競馬組合の清水正人厩舎に所属し、1991年に騎手デビュー[2]。同期には、山田信大新潟船橋、現調教師)などがいる[3]

1996年にケイエスヨシゼンで兵庫アラブ三冠を達成した[4]。1990年代後半から小牧太JRA移籍まで、「園田の2本柱」と呼ばれていた[5]2000年には前年まで8年連続でリーディングジョッキーとなっていた小牧を上回り、初めて兵庫リーディングジョッキーとなった[5]。以後2002年2004年2005年に兵庫のリーディングを獲得している。

NARグランプリでは1996、1997、2002で優秀騎手賞を、2005で特別賞を受賞している[6][7]

中央競馬に移籍するまでに地方競馬で2941勝をあげた[8]

中央競馬への遠征[編集]

兵庫県競馬所属時代から中央競馬にも積極的に参戦。2002年にはビリーヴセントウルステークスを制して中央競馬の重賞を初制覇した。

2004年には菊花賞デルタブルースで制し、地方競馬所属の騎手としては初めて中央競馬のクラシックを制覇[9]、地方競馬所属の騎手が中央の競走馬に騎乗してGI競走を制覇したのも史上初のことであった[10]

2005年には第1回WSJS地方騎手代表選定競走(現・スーパージョッキーズトライアル)に優勝し、第19回ワールドスーパージョッキーズシリーズに地方競馬代表として参戦。最終戦のゴールデンサドルトロフィーではオースミグラスワンで1着になって、総ポイントで41点を挙げ、総合優勝した(地方競馬の騎手が同シリーズを総合優勝するのは第8回(1994年)の石崎隆之船橋)、第11回(1997年)の川原正一(当時笠松所属)、第15回(2001年)の鮫島克也佐賀)に次いで4年ぶり4人目であった)[11]

中央移籍後[編集]

中央競馬に移籍した2006年には、デルタブルースとのコンビで豪州のメルボルンカップ(GI)に挑戦、岩田にとってこれが初めての海外遠征であったが、それをものともせず勝利をおさめた[12]

2012年ディープブリランテ東京優駿を初制覇、ダービージョッキーとなる[13]。この年にはロードカナロア香港スプリントにも勝利し、日本馬として初めて香港スプリントを制した。

2018年7月15日の函館第3競走をナイルデルタで1着となり、JRA通算1500勝を達成した[14]

2020年には新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から移動が禁止されている育成牧場に乗りに行き、これは始末書を提出する騒動となった[15]

2021年4月24日、スウィープザボードに騎乗して臨んだ阪神競馬第6レース開始前の返し馬の際に、テイエムマジックに騎乗していた藤懸貴志に対して鞭を使って威嚇したのち馬をラチ沿いに寄せ、藤懸に対して暴言を吐いたことが明らかとなった。同じ日の第2レースにおける藤懸騎乗の馬の位置取りに不満があり、その時点でも藤懸に対して暴言を吐いていたという。岩田は謝罪したが、競馬施行規程第147条20項の適用によりレース翌日の4月25日から5月8日までの騎乗停止処分となり、25日のマイラーズカップで騎乗予定だったケイデンスコール古川吉洋に乗り替わりとなった(1着)[16][17]。過去に何度も始末書を書くような騒動を起こしていることから、この騎乗停止処分に関しては甘すぎるという批判が殺到した[15]

2021年6月27日、札幌競馬第5Rでシゲルツバメに騎乗して史上18人目のJRA通算14000回騎乗を達成した[18]

人物[編集]

2016年に次男である岩田望来がJRA競馬学校に入学し、2019年2月に卒業。同年3月に騎手デビューを果たした。

評価[編集]

  • 現在はJRA所属騎手であり、岩田と同じく過去に園田競馬に所属していた小牧太は、「康誠は新人のときから、ちょっと違ってたな。ホンマにゲートが早かった。天下一品やった。そして長手綱でサーッと乗ってきてな。」[19]「彼(岩田)がデビューしたとき、それこそ「すごい新人が出てきたな」と思ったよ。スタートがなんせ巧くて、どんな馬に乗っても飛び抜けて速かった。「こういう子を天才っていうんやな」と思ったもん。最初から天才的やったわ、アイツは。」[20]と評価している。
  • 藤田伸二はJRA所属の騎手であった当時出版した著書『騎手の一分 競馬界の真実』において、岩田は勝ちにこだわっており、レース勘が備わっていると評価する一方、「馬の背中にトントンと尻をつけるような」騎乗フォームについては、見た目が不恰好である上「馬の背中を痛めてしまう」という理由から「絶対に認めたくない」と否定[21]、加えて「強い馬に乗せてもらっているから勝っている」に過ぎない、と評している[22]。また岩田自身がしばしばJRAの制裁対象となっているにもかかわらず、若手騎手に対しては安全に配慮した騎乗ができていないと調整ルームで「威圧している」として批判していたことがある[23]
  • 2021年4月に騎乗停止処分を受けた際の報道によると、トップジョッキーの仲間入りをしてからは態度が変わり始め、マナーや報道陣への対応が悪化したという。また、騎乗停止処分の原因となったトラブルの被害者である藤懸には以前からいじめを働いていたと伝わる[15]

主な騎乗馬[編集]

2007年ジャパンカップ(アドマイヤムーン)
2007年ジャパンカップ(アドマイヤムーン
2008年安田記念(ウオッカ)
2008年安田記念(ウオッカ
2010年皐月賞(ヴィクトワールピサ)
2010年皐月賞(ヴィクトワールピサ
2012年東京優駿(ディープブリランテ)
2012年東京優駿(ディープブリランテ
日付 競馬場、開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1999年11月7日 5回京都2日目5R 4歳以上900万下 イシヤクモンド 12頭 3 5着
初勝利 2000年9月16日 4回阪神3日目7R 4歳以上500万下 バンブーウタヒメ 17頭 15 1着
重賞初騎乗 2000年11月5日 5回京都2日目11R KBSファンタジーS ホエールハーバー 16頭 12 12着
重賞初勝利 2002年9月8日 4回阪神2日目11R セントウルステークス ビリーヴ 12頭 1 1着
GI初騎乗 2002年4月7日 2回阪神6日目11R 桜花賞 アイノブリーズ 18頭 17 17着
GI初勝利 2004年10月24日 4回京都6日目11R 菊花賞 デルタブルース 18頭 8 1着

年度別成績表[編集]

  • 中央競馬(2020年終了時点)
年度 騎乗 勝利 勝率 連対率 表彰
1999年 11 0勝 .000 .000
2000年 21 2勝 .095 .095
2001年 38 6勝 .158 .184
2002年 117 18勝 .154 .231
2003年 239 25勝 .105 .172
2004年 400 45勝 .113 .223
2005年 265 28勝 .106 .223
2006年 952 126勝 .132 .252
2007年 873 145勝 .166 .298
2008年 852 118勝 .138 .263 JRA賞(最多賞金獲得騎手)
2009年 896 109勝 .122 .240
2010年 691 82勝 .119 .237 フェアプレー賞(関西)
2011年 888 131勝 .148 .302 JRA賞(最多勝利騎手・最多賞金獲得騎手)
2012年 857 119勝 .139 .257 JRA賞(最多勝利騎手・最多賞金獲得騎手)
2013年 854 111勝 .130 .260 優秀騎手賞
2014年 905 136勝 .150 .288 JRA賞(JRA最多賞金獲得騎手)
優秀騎手賞
関西テレビ放送賞
2015年 1010 101勝 .100 .212 優秀騎手賞
2016年 842 68勝 .081 .183
2017年 839 83勝 .099 .186
2018年 790 80勝 .101 .211
2019年 821 68勝 .083 .205
2020年 565 50勝 .088 .166 フェアプレー賞(関西)
通算 13929 1672勝 .120 .236

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年3月25日閲覧。
  2. ^ “岩田康誠騎手が騎手候補生と模擬レース!”. 地方競馬全国協会. (2003年5月20日). https://www.keiba.go.jp/old_topics/2003/0520-topics.html 2015年9月4日閲覧。 
  3. ^ 高橋華代子. “web Furlong 2015【レースハイライト】第19回 マリーンカップJpnⅢ”. 地方競馬全国協会. https://www.keiba.go.jp/furlong/2015/highlight/0414-01.html 2015年9月4日閲覧。 
  4. ^ 「優駿」2013年3月号
  5. ^ a b “小牧太&岩田康誠/運命の対決”. UMAJIN.net. (2011年2月20日). http://uma-jin.net/pc/column/columnDetail.do?charaId=52&pcId=100133 2015年9月4日閲覧。 
  6. ^ NARグランプリ受賞者一覧(第1回~第14回) (PDF)”. 地方競馬全国協会. 2015年9月10日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ 『NARグランプリ2005』表彰馬・表彰者決定!”. 地方競馬全国協会 (2006年1月11日). 2015年9月10日閲覧。
  8. ^ “岩 田 康 誠”. 地方競馬全国協会. https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/DataRoom/RiderMark?k_riderLicenseNo=30728 2015年9月4日閲覧。 
  9. ^ The G-Files 043 日本調教馬初の南半球G1ウイナー 名声は海を越えて デルタブルース”. 日本中央競馬会. 2015年9月5日閲覧。
  10. ^ “岩田康誠騎手、通算3000勝達成”. netkeiba.com. (2005年12月8日). http://newsv3.sp.netkeiba.com//?pid=news_view&no=10901 2015年9月5日閲覧。 
  11. ^ “岩田康誠騎手(兵庫)がWSJSで総合優勝”. 地方競馬全国協会. (2005年12月5日). https://www.keiba.go.jp/old_topics/2005/1205.html 2015年9月5日閲覧。 
  12. ^ “ジェンティル戴冠リハ/ドバイシーマC”. 日刊スポーツ. (2013年3月28日). http://www.nikkansports.com/race/news/p-rc-tp0-20130328-1103926.html 2016年9月26日閲覧。 
  13. ^ a b “【日本ダービー】ブリランテV!岩田、涙の初制覇”. スポーツニッポン. (2012年5月28日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2012/05/28/kiji/K20120528003341610.html 2016年9月26日閲覧。 
  14. ^ 岩田康誠 JRA通算1500勝を達成「これからも1鞍1鞍大切に」 - スポニチ Sponichi Annex ギャンブル” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2021年8月24日閲覧。
  15. ^ a b c 「処分甘すぎ」の声でネット炎上…岩田康騎手が起こした”暴言幅寄せ事件”の開催4日間の騎乗停止処分は適切だったのか?(2/2ページ) THE PAGE 4/26(月) 6:34配信 (2021年8月20日閲覧)
  16. ^ 岩田康が返し馬で幅寄せ&暴言 あす25日から開催日4日間騎乗停止”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2021年4月24日). 2021年4月29日閲覧。
  17. ^ 【マイラーズC結果】ケイデンスコールが差し切り重賞3勝目!”. netkeiba. Net Dreamers Co., Ltd. (2021年4月25日). 2021年4月29日閲覧。
  18. ^ 岩田康誠騎手、JRA通算14000回騎乗達成 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2021年6月27日閲覧。
  19. ^ 小牧太&岩田康誠/運命の対決”. UMAJIN. 2011年2月20日閲覧。
  20. ^ 太論”. netkeiba.com. 2016年4月5日閲覧。
  21. ^ 藤田 2013, p. 73.
  22. ^ 藤田 2013, pp. 73–74.
  23. ^ 藤田 2013, pp. 41–42.
  24. ^ ケイエスヨシゼン|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2020年4月2日閲覧。
  25. ^ 競走成績:全競走成績|アドマイヤムーン”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年9月26日閲覧。
  26. ^ 競走成績:全競走成績|ウオッカ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年9月26日閲覧。
  27. ^ 競走成績:全競走成績|ジェンティルドンナ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年9月26日閲覧。
  28. ^ 競走馬詳細データ”. 南関東4競馬場. 2016年9月26日閲覧。
  29. ^ 2015年レース結果 - JBISサーチ  2015年4月13日閲覧
  30. ^ 2015年レース結果netkeiba.com 2015年1月19日閲覧
  31. ^ 2015年レース結果 - netkeiba.com  2015年4月1日閲覧
  32. ^ 2015年レース結果 JBISサーチ 2015年5月7日閲覧
  33. ^ 競走成績:全競走成績|ドリームバレンチノ”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2016年9月26日閲覧。
  34. ^ ヌーヴォレコルト”. netkeiba.com. 2016年11月25日閲覧。
  35. ^ ヌーヴォレコルトが勝利――米レッドカーペットH”. 競馬ブック. 2016年11月25日閲覧。
  36. ^ サルサディオーネ”. netkeiba.com. 2020年2月17日閲覧。
  37. ^ エーポス|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2020年4月2日閲覧。
  38. ^ ケイデンスコール|JBISサーチ(JBIS-Search)”. www.jbis.or.jp. 2021年1月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 藤田伸二『騎手の一分 競馬界の真実』講談社〈講談社現代新書2210〉、2013年。ISBN 978-4-06-288210-1。

関連項目[編集]