岩田智輝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩田 智輝 Football pictogram.svg
名前
カタカナ イワタ トモキ
ラテン文字 IWATA Tomoki
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1997-04-07) 1997年4月7日(22歳)
出身地 大分県宇佐市[1]
身長 178cm[2]
体重 73kg[2]
選手情報
在籍チーム 日本の旗 大分トリニータ
ポジション MF / DF
背番号 29
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2015- 大分トリニータ 55 (1)
代表歴2
2015-2017  日本 U-18/19/20 14 (0)
2019-  日本 2 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年11月17日現在。
2. 2019年6月25日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

岩田 智輝(いわた ともき、1997年4月7日 - )は、大分県宇佐市出身のプロサッカー選手Jリーグ大分トリニータ所属。日本代表。登録ポジションはディフェンダー。マネジメント会社はジェブエンターテイメント[3]

来歴[編集]

プロ入り前[編集]

四日市南SSCを経て大分トリニータU-15宇佐、U-18でプレー。U-18では背番号10(3年次)を背負い、基本的にボランチとしてプレーしたが、2014年プレミアリーグ参入戦ではFWCBでもプレーをするなど[4]GK以外のすべてのポジションでプレーを経験した[5]。高校3年次の2015年には吉平翼と共にトップチームに2種登録選手として選手登録された[6]。同年はリーグ戦は出場機会は無かったが、10月14日天皇杯3回戦横浜FM戦にて右サイドバックの先発として公式戦デビューを果たした。

プロ入り後[編集]

2016年より吉平、江頭一輝と共にトップチームに昇格。大分U-15宇佐出身選手としては初のトップチーム昇格選手となった[7]。開幕節・長野戦でスタメンに抜擢されると、U-19日本代表選出による離脱はありながらも右サイドバックとして23試合に先発出場。最終節・鳥取戦では2-1のスコアから追加点となるプロ初得点を決め、大分のJ3優勝・J2復帰に貢献した。

J2にプレーカテゴリを上げた2017年は、開幕戦で先発出場を果たすと、以後断続的に先発出場を続けていたが、第10節・京都戦で前半終了時点でピッチを退いて以降はリーグ戦での先発は無く、出場機会も減少した。

2018年天皇杯2回戦・山口戦で公式戦2年ぶりの得点をマークしたものの、リーグ前半戦は途中交代による2試合の出場に留まっていた。しかし夏場に停滞したチームの起爆剤として、第25節・愛媛戦に3バックの一角として先発出場を果たすと[8]、以後全試合に先発出場。右サイドから攻め上がる運動量と積極性でJ2最多得点を記録した大分の攻撃陣を支え[1]、J1昇格に貢献した。

J1でのプレーとなった2019年は開幕戦から先発出場を続けると、積極的な攻撃参加から第7節・仙台戦にて自身J1初、リーグ戦では3シーズン振りのゴールを記録[9]。第12節・清水戦では0-1の状況から同点となるゴールを決めたが、これがチームのJ1通算300ゴールとなった[10]

日本代表[編集]

2013年に初めて年代別代表に選出された[11]。2016年にはAFC U-19選手権バーレーン大会)に出場。大会制覇を果たしたチームにおいて、グループステージ第1節と準決勝の2試合に先発出場した[12]

2017年にM-150カップ英語版に出場して以降は代表メンバーから遠ざかっていたが、2019年5月、コパ・アメリカブラジル大会)に臨む東京五輪世代中心で構成された[13]日本代表(A代表)に選出された[14]。6月21日、コパ・アメリカ第2戦のウルグアイ戦にスタメンで出場し、代表デビューを果たした[15]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2015 大分 29 J2 0 0 - 1 0 1 0
2016 J3 23 1 - 1 0 24 1
2017 J2 12 0 - 0 0 12 0
2018 20 0 - 1 1 21 1
2019 J1
通算 日本 J1
日本 J2 32 0 - 2 1 34 1
日本 J3 23 1 - 1 0 24 1
総通算 55 1 0 0 3 1 58 2

※2015年は2種登録選手として出場

その他公式戦
  • 2016年
    • 大分県サッカー選手権大会(天皇杯大分県予選) 1試合0得点
出場歴

タイトル[編集]

クラブ[編集]

大分トリニータU-18
大分トリニータ

代表[編集]

U-19日本代表

代表歴[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 2試合 0得点(2019年 - )


日本代表国際Aマッチ
出場得点
2019 2 0
通算 2 0

脚注[編集]

  1. ^ a b “首位J2大分、岩田「アシスト量産」 勝てば自動昇格王手”. 西日本スポーツ (西日本新聞社). (2018年11月1日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/trinita/article/462011/ 2019年2月2日閲覧。 
  2. ^ a b 岩田 智輝:大分トリニータ”. 日本プロサッカーリーグ (2019年2月1日). 2019年2月2日閲覧。
  3. ^ 岩田 智輝”. 株式会社ジェブエンターテイメント. 2018年9月13日閲覧。
  4. ^ スペシャリティーも備えたU-18日本代表候補の万能型、大分U-18MF岩田は代表で「どれだけやれるか楽しみ」”. 講談社 (2015年4月9日). 2018年10月3日閲覧。
  5. ^ 【サニックス杯】今大会で輝きを放ったユース世代注目の14名をクローズアップ!”. 日本スポーツ企画出版社 (2015年3月23日). 2018年10月3日閲覧。
  6. ^ 選手・スタッフDATA 岩田 智輝”. 大分トリニータ. 2016年3月4日閲覧。
  7. ^ 大分U-18からMF岩田とFW吉平翼、MF江頭が来季トップチームへ…昨年に続く3選手昇格”. 講談社 (2015年10月30日). 2018年10月3日閲覧。
  8. ^ 【大分 vs 岡山】 ウォーミングアップコラム:超攻撃的DF岩田智輝「ガンガン自分の良さを出したい」”. J's GOAL (2018年8月10日). 2018年11月17日閲覧。
  9. ^ 後半目覚め2得点 岩田先制、相手の隙突く”. 大分合同新聞 (2019年4月15日). 2019年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月19日閲覧。
  10. ^ 流れ乗れずドロー、悔やまれる前半の失点 トリニータ”. 大分合同新聞 (2019年5月19日). 2019年5月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月19日閲覧。
  11. ^ U-16日本代表”. JFA.jp. 日本サッカー協会 (2013年). 2019年5月24日閲覧。
  12. ^ 日程・結果 AFC U-19選手権バーレーン2016”. JFA.jp. 日本サッカー協会 (2019年). 2019年5月24日閲覧。
  13. ^ 若手メンバーで臨むコパ・アメリカで森保一監督が掲げた目標は?ベテラン岡崎、川島らの招集にも言及”. サッカーダイジェスト. 日本スポーツ企画出版社 (2019年5月24日). 2018年5月24日閲覧。
  14. ^ CONMEBOLコパアメリカブラジル2019(6/14~7/7)SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー・スケジュール”. JFA.jp. 日本サッカー協会 (2019年5月24日). 2019年5月24日閲覧。
  15. ^ 【南米選手権】岩田と板倉がA代表デビュー東スポweb 2019年6月21日
  16. ^ 2016大分トリニータ3名がトップチーム昇格内定学校法人平松学園大分東明高校、2015年11月

関連項目[編集]