岩田正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岩田 正
誕生 (1924-04-30) 1924年4月30日
東京都世田谷区
死没 (2017-11-03) 2017年11月3日(93歳没)
神奈川県川崎市
職業 歌人
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学国文科卒業
主な受賞歴 日本歌人クラブ賞(2000年)
迢空賞(2006年)
現代短歌大賞(2011年)
配偶者 馬場あき子
所属 かりん
テンプレートを表示

岩田 正(いわた ただし、1924年4月30日 -2017年11月3日[1])は、歌人。妻は歌人の馬場あき子

東京世田谷生まれ。早稲田大学国文科卒。1946年早稲田大学短歌会に入会し、同年歌誌「まひる野」創刊に参加。窪田空穂窪田章一郎に師事。1978年馬場あき子とともに歌誌「かりん」を創刊。朝日カルチャーセンター、角川短歌通信講座などで短歌を指導。1974年、第1回「短歌」愛読者賞を受賞(同期受賞は山崎方代)。その後は長らく実作を離れ短歌評論に専念していたが、1990年代に入ってから実作に復帰する。

2000年『和韻』で第28回日本歌人クラブ賞2006年『泡も一途』で第40回迢空賞2011年『岩田正全歌集』で第34回現代短歌大賞受賞。

2017年11月3日、心不全のため、神奈川県川崎市内の病院で死去。93歳没[2]

著書[編集]

  • 『靴音 岩田正歌集』まひる野会 まひる野叢書 1956
  • 『抵抗的無抵抗の系譜 岩田正・エッセイ集』新読書社 1968
  • 釈迢空』1972 紀伊国屋新書
  • 『短歌・日本の叙情 うたうこころと歌のこころ』東京大神宮社務所 大神宮文庫 1975
  • 『土俗の思想』角川書店 1975
  • 『窪田空穂論』芸術生活社 1976
  • 『現代短歌の世界』国文社 現代歌人文庫 1981
  • 『現代の歌人』牧羊社 1982
  • 『歌と生 その源への問い 岩田正評論集』雁書館 雁叢書 1983
  • 『短歌のたのしさ』1984 講談社現代新書
  • 『歌の心・歌のいのち 岩田正評論集』雁書館 雁叢書 1990
  • 『現代歌人の世界 作家の顔・作品の力』本阿弥書店 短歌ライブラリー 1990
  • 『郷心譜 岩田正歌集』雁書館 かりん百番 1992
  • 『レクエルド 想ひ出 岩田正歌集』本阿弥書店 かりん百番 1995
  • 『いつも坂 岩田正歌集』短歌研究社 続かりん百番 1997
  • 『熟年からの短歌入門』本阿弥書店 1997
  • 『現代短歌愛のうた60人』本阿弥書店 2000
  • 『和韻 岩田正歌集』短歌研究社 続かりん百番 2000
  • 『現代短歌をよみとく 主題がときあかすうたびとの抒情』本阿弥書店 2002
  • 『視野よぎる 岩田正歌集』ながらみ書房 かりん叢書 2002
  • 『泡も一途 歌集』2005 角川短歌叢書
  • 『鴨の歌へる 岩田正歌集』短歌新聞社 新現代歌人叢書 2007
  • 塚本邦雄を考える』本阿弥書店 2008
  • 『背後の川 歌集』角川書店 かりん叢書 2010
  • 『岩田正全歌集』砂子屋書房 2011

参考[編集]

脚注[編集]