岩舟町静和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 栃木県 > 栃木市 > 岩舟町静和
岩舟町静和
—  大字  —
静和駅前通り
岩舟町静和の位置(栃木県内)
岩舟町静和
岩舟町静和
岩舟町静和の位置
座標: 北緯36度18分58.25秒 東経139度40分56.59秒 / 北緯36.3161806度 東経139.6823861度 / 36.3161806; 139.6823861
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tochigi Prefecture.svg 栃木県
市町村 Flag of Tochigi Tochigi.svg 栃木市
地域 岩舟地域
地区 静和地区
人口 (2017年(平成29年)8月31日現在)[1]
 - 計 2,306人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 329-4304
市外局番 0282[2]
ナンバープレート とちぎ

岩舟町静和(いわふねまちしずわ Iwafunemachi Shizuwa)は、栃木県栃木市大字郵便番号は329-4304。  

地理[編集]

栃木市岩舟地域の東部、静和地区の中央部に位置し、北東部で市内大平地域と接している。

南部を国道50号岩舟小山バイパス)、中央部を栃木県道36号岩舟小山線(旧・国道50号)・栃木県道160号和泉間々田線、北部を栃木県道11号栃木藤岡線(藤岡街道・和泉バイパス)がそれぞれ通過する。また、東武日光線が地区の中心を通過し静和駅があり、駅前から栃木県道11号栃木藤岡線・栃木県道36号岩舟小山線・栃木県道67号桐生岩舟線和泉交差点へかけて商店街・住宅街がひろがる。国道50号・栃木県道11号栃木藤岡線は交通量が激しいことから、いずれもバイパス化が完了している。


隣接する地区

河川

  • 静和川

歴史[編集]

沿革

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)8月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
岩舟町静和 896世帯 2,306人

人口の変遷[編集]

総数 [戸数または世帯数: R05.png 、人口: G05.png ]

1982年(昭和57年)[4] R50.pngR01.pngR01.png 528世帯
G100.pngG100.pngG01.png 2,010人
2011年(平成23年)[5] R50.pngR10.pngR10.pngR10.pngR01.pngR01.pngR01.pngR01.png 849世帯
G100.pngG100.pngG10.pngG10.pngG10.pngG10.pngG01.png 2,411人
2017年(平成29年)[6] R50.pngR10.pngR10.pngR10.pngR05.pngR01.pngR01.pngR01.pngR01.png 897世帯
G100.pngG100.pngG10.pngG10.pngG10.pngG01.pngG01.png 2,327人

施設[編集]

  • 栃木市立静和小学校
  • 栃木市立静和保育所
  • 静和寺幼稚園
  • 栃木市役場水道庁舎
  • 栃木市役場静和連絡所

交通[編集]

鉄道

路線バス

道路

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる。

番地 小学校 中学校
全域 栃木市立静和小学校 栃木市立岩舟中学校

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 人口状況 - 平成29年8月末日現在町内別世帯数及び人口一覧表”. 栃木市 (2017年9月1日). 2017年9月4日閲覧。
  2. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年5月29日閲覧。
  3. ^ 『角川日本地名大辞典 9 栃木県』角川書店
  4. ^ 『角川日本地名大辞典 9 栃木県』角川書店
  5. ^ 人口 - 岩舟町公式サイト”. 岩舟町住民生活課. 2012年3月23日閲覧。
  6. ^ 人口状況 - 平成29年3月末日現在町内別世帯数及び人口一覧表”. 栃木市. 2017年9月10日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]