岩谷テンホー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

岩谷 テンホー(いわたに てんほー、1954年9月30日 - )は、日本の漫画家長崎県南松浦郡新上五島町出身。長崎県立長崎工業高等学校卒業。

略歴[編集]

印刷会社に勤務していたが、届く4コマ漫画の原稿を読み、俺にも書けると一念発起し、1985年に31歳でデビュー。1986年から2002年まで週刊プレイボーイに『マグニチュード9.99』を長期連載した。担当が元少年ジャンプの編集者であったこともあり、作画やアイディア出しのアドバイスをたくさんもらい、インタビューでは育ててくれた雑誌と述べている[1]

その後東スポアダルト面で4コマ漫画の連載をスタート。作中に下ネタを入れだすのはここからとなる[1]

自身では作風を「『サザエさん』の世界にお色気を持ち込んだもの」と述べている[1]

作風[編集]

いわゆる下ネタかブス女をオチや題材に持ってくる作風がほとんどでかつ専門的にこれらの4コマ作品を描き続けているため、イメージが定着している。小道具としてナスキュウリなどを(性具代わりに)使うといったギャグも非常に多い。しかし長年人気を維持しており、「偉大なるマンネリ」と例えられる作風である。

当然ながら作品発表の場はお色気ものの4コマ雑誌(艶笑4コマ誌)か、青年漫画誌に限られているが、過去にはごく稀にファミリー向けの4コマ誌にゲスト作家として招かれたこともあった。そのときの雑誌の予告には「あの岩谷テンホーがファミリー向け4コマ誌に!大丈夫か?」などといったコピーが掲載された。このようなケースの作品では当然ながら下ネタは描かれなかったものの、その分作者独特の毒気のある作風が存分に発揮されていた。

作品リスト[編集]

2007年10月4日フジテレビ系列で放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした 」のコーナー「博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜」で、ダイノジが「東スポの裏に連載している4コマ漫画で作者の岩谷テンホーが行き詰まった時に描くパターン(忍者編&家族編)」という物まねを行なった。
2013年3月にリバプールよりオリジナルアニメDVDがセブン-イレブン限定で発売される。まがりひろあき監督。
  • テンホー注意報 本ナマ 赤貝編
  • テンホー注意報 本ナマ 青筋編
  • テンホーの第3の足
  • テンホー漬
  • テンホーのすっぽん横町
  • 生しぼりテンホー劇場
極生しぼりテンホー劇場
激生しぼりテンホー劇場
特選!生しぼりテンホー劇場
  • 東京コンニャ区
東京コンニャ区 今昔お笑い天国
  • かずのこ伝書
かずのこ大全
  • はまぐり草子
はまぐり絵巻全集
  • タバスコシャワー
  • まぜごはん
  • リビ道
  • ダボパン
  • おまかせナース天国
  • あわびの涙
  • カリブト
  • タバスコシャワー
  • ダボパン
  • たまんて箱
  • テンパーくん
  • はみチン波止場(週刊実話連載終了)
  • 岩谷テンホーのまんずの河(週刊プレイボーイ連載終了)
  • マグニチュード9.99(週刊プレイボーイ連載終了)
  • 動物性おつゆ(週刊ヤングサンデー連載終了)

書籍[編集]

アーケードゲーム[編集]

出演[編集]

ラジオ[編集]

ウェブテレビ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]