岩谷龍太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岩谷 龍太郎
生誕 1869年1月1日
日本の旗 日本 出羽国
死没 (1928-02-19) 1928年2月19日(59歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1891年 - 1914年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―少将.svg 陸軍少将
テンプレートを表示

岩谷 龍太郎(いわたに りゅうたろう、1869年1月1日明治元年11月19日) - 1928年昭和3年)2月19日[1])は、大日本帝国陸軍軍人。最終階級は陸軍少将。位階勲等功級は従五位勲三等功三級[2]

経歴・人物[編集]

平民・岩谷利三郎の三男として出羽国(現・秋田県)に生まれ、1895年(明治28年)12月に甥の岩谷官蔵方より分家する[2]

1890年(明治23年)陸軍士官学校第1期卒業[1][3]。翌年、陸軍騎兵少尉に任官する[2][4]。のち、1899年(明治32年)陸軍大学校第13期卒業[1][3]

軍馬補充部本部部員、騎兵監部部員、陸軍騎兵実施学校教官、皇族附武官を経て、1906年(明治39年)8月に韓国駐箚軍参謀に任官[2][3]

ついで、1909年(明治42年)4月に陸軍騎兵大佐・騎兵第4連隊長、1910年(明治43年)6月に軍馬補充部三本木支部長、1912年(明治45年)1月に騎兵第14連隊長を経て、1913年大正2年)8月に休職し、さらに翌年の1914年(大正3年)1月に待命、同年5月にに陸軍少将に昇進と同時に予備役に編入した[1][3]

日清戦争および日露戦争の軍功により勲三等に叙し、功三級金鵄勲章を賜った[2]

親族[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 福川 2001, 111頁.
  2. ^ a b c d e f 人事興信所 1915, い80頁.
  3. ^ a b c d 外山 1981, 96頁.
  4. ^ 外山 1981, 91頁.
  5. ^ 人事興信所 1943, ナ136頁.

参考文献[編集]

  • 福川秀樹 『日本陸軍将官辞典』 芙蓉書房出版、2001年。ISBN 4829502738。 
  • 外山操 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』 芙蓉書房出版、1981年。ISBN 4829500026。 
  • 人事興信所 『人事興信録 第4版』 人事興信所、1915年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1703995 
  • 人事興信所 『人事興信録 第14版 下』 人事興信所、1943年http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1704455