岸宏子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岸 宏子(きし ひろこ、1922年5月5日 - 2014年12月2日)は、日本放送作家小説家

人物[編集]

三重県出身。阿山高等女学校卒。

1942年、小説「醜女」で厚生省公募の勤労文化賞受賞。以後、ラジオテレビ等に作品を発表。

1977年、銀河テレビ小説『巣箱』の脚本に対して、第14回ギャラクシー賞・選奨を受賞[1]

NHK名古屋放送局制作のドラマの脚本を多く書いた。ほか名古屋周辺の歴史を中心とする著作も多い。

1990年には紫綬褒章、1995年には勲四等宝冠章を受章した。

2014年12月2日、慢性心不全のため死去[2]。92歳没。遺言により、自宅や株式、預貯金、著書・蔵書のみならず、岸の保有する著作権と著作権料まで故郷の伊賀市に寄贈された[3]

主な作品[編集]

著書[編集]

  • いのちが青くもえている 甲文社 1949
  • ある開花 墨水書房 1965
  • 福寿草の歌 トラック王田口利八の歩んだ道 中部財界社 1968
  • 木つ端聖円空 中日新聞本社 1974
  • 水の勲章 中日新聞本社 1975
  • 若き日の芭蕉 中日新聞本社 1975
  • 九鬼水軍物語 夕映えの海 六法出版社 1975
  • 荒木又右衛門 中日新聞本社 1976
  • 戦国鴉 高虎五右衛門半蔵 中日新聞本社 1978.8
  • 尾張の柳生家 中日新聞本社 1978.11
  • 北政所 中日新聞本社 1980.9
  • お市の方 伊勢新聞社出版局 1981.10 (伊勢文庫歴史シリーズ)
  • 阿国山三 伊勢新聞社出版局 1981.10 (伊勢文庫歴史シリーズ)
  • 黒田の悪党 伊勢新聞社出版局 1981.10 (伊勢文庫歴史シリーズ)
  • もういちど春 中日新聞本社 1985.9
  • 忍び歌 くノ一聞き書き エフエー出版 1985.11
  • 斎藤道三 美濃戦国伝「虹の城」 エフエー出版 1986.1
  • 本居家の女たち エフエー出版 1988.1
  • 嘘と明日があればこそ エフエー出版 1990.1
  • 江戸・管理職哀歌 藤堂藩伊賀城代家老の日誌より エフエー出版 1990.9
  • 唐九郎まんげ鏡 日本放送出版協会 1991.6
  • 越後屋おらく 小説・三井高利の母 エフエー出版 1992.5
  • 親父よ。 小説・島津源蔵 エフエー出版 1993.5
  • 光太夫帰国 遠きロシアより 中日新聞本社 1996.4
  • おもかげ記 藤堂高虎 知玄舎 1999.3
  • 真説今昔物語 煮ても焼いても食えない人々 水曜社 2004.12

脚本[編集]

参考[編集]

  • 日本人名大事典

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 第14回ギャラクシー賞受賞作品”. 放送批評懇談会. 2014年11月14日閲覧。
  2. ^ 放送作家・小説家の岸宏子さん死去 朝日新聞 2014年12月22日閲覧
  3. ^ 「作家・岸さんの遺産 寄贈へ 伊賀市に自宅や著作権など」朝日新聞2015年3月21日付朝刊、伊賀版33ページ