岸川勝也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
岸川 勝也
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 佐賀県佐賀市
生年月日 (1965-04-24) 1965年4月24日(54歳)
身長
体重
182 cm
98 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手三塁手一塁手
プロ入り 1983年 ドラフト3位
初出場 1985年5月11日
最終出場 1998年5月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 読売ジャイアンツ (2003, 2006 - 2013)

岸川 勝也(きしかわ かつや、1965年4月24日 - )は、佐賀県佐賀市出身の元プロ野球選手外野手)、野球指導者、野球解説者

経歴[編集]

佐賀北高時代に46本塁打を放ち注目される。打撃練習では頻繁に校外まで打球を飛ばし、近隣の民家や商店に直撃させていた為、外野のネットをより高く建て替えさせたという逸話が残っている[1]三塁手、四番打者として1983年夏の甲子園県予選決勝に進むが、エース内山正博を擁する鳥栖高に敗れ甲子園には届かなかった。

1983年度プロ野球ドラフト会議南海ホークスから3位指名を受けて入団。長距離打者として期待され、1985年に一軍に上がる。同年8月は指名打者一塁手として3試合に先発、うち2試合は四番打者として起用される。1986年は主に三塁手として18試合に先発出場。翌年は故障もあって低迷するが、1988年には8月下旬から一軍に定着、主に右翼手として起用され、大阪スタヂアム最後のヒーローインタビューを受ける。

球団の親会社が南海電気鉄道からダイエーとなった1989年は、開幕から左翼手、六番打者に抜擢され、初の規定打席(26位、打率.260)に到達。同年は26本塁打を放ったが、うち3本がサヨナラ本塁打であり、パ・リーグ記録を樹立した。この記録は同時に当時のプロ野球記録でもあった。後にジャック・ハウエル1993年に5本を記録し更新した。

更に同年秋のセパ東西対抗では公式戦では達成がなかったサイクル安打を記録し、MVPを獲得。1989年 - 1991年まで3シーズン連続で20本塁打以上を放ち、和製大砲として首脳陣の期待も高かった。

1991年は8月までの79試合で20本塁打を放ち自己新ペースであったが、8月9日の対近鉄戦でジム・トレーバーの打球にダイビングキャッチを試みた際に左膝半月板を損傷。以降のシーズンを棒に振り、以降のシーズンではスタメン出場の機会が減少することになる。

福岡ドーム完成時に、球団の出版物にて、福岡ドームでやりたいプレーを「場外ホームラン」と答えている。

1994年6月に吉田修司との交換トレードで読売ジャイアンツ(以下、巨人)へ移籍。松井秀喜が唯一スタメン落ちした試合では、三番打者、右翼手として先発出場した。この年初めて日本シリーズに出場。この西武ライオンズとの日本シリーズでは、第5戦(10月27日)で緒方耕一の満塁弾の直前の打席で10球粘って四球を選んだ。最終戦となった第6戦(10月29日)で工藤公康からタイムリー二塁打を放ち長嶋茂雄の監督初の日本一に貢献した。1996年も、主に代打として出場し5本塁打を放ち、左腕キラーとして活躍。リーグ優勝に貢献した。

一軍出場なしに終わった1997年オフは両膝の故障により巨人から戦力外通告を受け、入団テストを経て横浜ベイスターズへ移籍[2]

1998年 チームは38年ぶりのリーグ優勝・日本一に輝いたが、岸川自身は不本意な成績に終わり、日本シリーズ開催前に再び戦力外通告を受け、同年限りで現役を引退。

引退後は九州へ戻り、教職取得を目指して1999年第一経済大学へ入学。午前中は通学、午後からはスポーツ・アイ ESPN野球解説者を務めた。2001年から日刊スポーツ野球評論家も務め、2002年RKB毎日放送野球解説者を務めた。

2003年、第一経済大学卒業と同時に巨人一軍打撃コーチに就任。オフの原辰徳監督辞任の際、球団からは留任を要請されるが、原と共に退団した。翌2004年からは再びRKB解説者、日刊スポーツ評論家。プロ野球マスターズリーグでは福岡ドンタクズに参加し、2005年にはモルツ球団に加入。

同年10月、原の監督復帰を受け一軍打撃コーチに就任。就任会見では「10回のうち7回の凡打を、相手に有利になるのか、自分のチームにプラスになるように出来るかという点に重点を置いて、“打線のつながり”を目指していきたい」と抱負を語った。2007年からは二軍打撃コーチとして、坂本勇人松本哲也を育てた。2013年10月3日に球団より来季の契約を結ばないことを通告された[3]

2014年からは三たび、RKBで解説者を務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1985 南海
ダイエー
22 33 27 5 2 0 0 1 5 1 0 0 0 0 5 0 1 5 0 .074 .242 .185 .428
1986 28 69 61 4 15 0 0 2 21 6 1 4 2 0 6 0 0 16 2 .246 .313 .344 .658
1987 7 4 3 1 1 0 0 1 4 1 1 0 0 0 1 0 0 2 0 .333 .500 1.333 1.833
1988 34 119 110 12 31 5 2 7 61 19 2 3 2 1 5 0 1 22 1 .282 .316 .555 .871
1989 123 461 400 67 104 16 3 26 204 66 10 3 3 2 52 3 4 87 4 .260 .349 .510 .859
1990 121 490 438 51 113 16 2 20 193 74 2 1 0 4 43 0 5 103 10 .258 .329 .441 .769
1991 79 315 267 39 69 14 0 20 143 61 5 1 0 2 42 3 4 68 6 .258 .365 .536 .901
1992 87 219 180 16 40 5 0 4 57 20 0 0 0 1 37 4 1 47 6 .222 .356 .317 .673
1993 96 285 255 31 56 13 0 8 93 31 4 2 0 1 29 1 0 74 3 .220 .298 .365 .663
1994 16 30 28 2 6 1 0 1 10 3 0 0 0 0 2 1 0 8 1 .214 .267 .357 .624
巨人 25 39 34 5 7 1 0 1 11 5 0 0 0 0 5 0 0 7 1 .206 .308 .324 .631
'94計 41 69 62 7 13 2 0 2 21 8 0 0 0 0 7 1 0 15 2 .210 .290 .339 .629
1995 44 65 55 3 13 3 0 1 19 6 1 0 0 0 10 0 0 13 1 .236 .354 .345 .699
1996 55 94 79 7 18 1 0 5 34 14 0 0 0 0 14 3 1 28 1 .228 .351 .430 .781
1998 横浜 7 7 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .167 .286 .167 .452
通算:13年 744 2230 1943 243 476 75 7 97 856 307 26 14 7 11 252 15 17 482 36 .245 .335 .441 .776
  • 南海(南海ホークス)は、1989年にダイエー(福岡ダイエーホークス)に球団名を変更

記録[編集]

背番号[編集]

  • 44 (1984年 - 1989年)
  • 8 (1990年 - 1994年途中)
  • 54 (1994年途中 - 同年終了)
  • 26 (1995年 - 1997年)
  • 55 (1998年)
  • 80 (2003年)
  • 86 (2006年 - 2013年)

関連情報[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 佐賀新聞 グラウンドにそびえる伝説:「岸川勝也ネット」
  2. ^ 『'98プロ野球選手写真名鑑』日刊スポーツ出版社〈日刊スポーツグラフ〉、1998年4月18日、23頁。ISBN 978-4817205421。
  3. ^ 岸川、野村両コーチが退団スポーツニッポン2013年10月3日配信

関連項目[編集]