岸本正治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
岸本 正治
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 1912年
没年月日 没年不明
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1938年
初出場 1938年
最終出場 1939年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岸本 正治(きしもと まさはる、1912年 - 没年不明)は、兵庫県出身の野球選手。

来歴・人物[編集]

1930年春の第7回選抜中等学校野球大会(現:選抜高等学校野球大会)第一神港商業の投手として優勝する。この選抜大会での奪三振の54個は当時の大会記録で、1973年第45回選抜大会江川卓の60個まで破られなかった。

1931年春の選抜はベスト8、1931年夏の第17回全国中等学校優勝野球大会(現:全国高等学校野球選手権大会)は2回戦敗退となった。

その後、慶應義塾大学野球部プロ野球球団の阪急軍でも野球を続けた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1938 阪急 12 35 31 1 8 2 1 0 12 2 0 -- 1 -- 3 -- 0 3 -- .258 .324 .387 .711
1939 6 18 16 1 2 0 0 0 2 2 0 -- 0 0 2 -- 0 3 -- .125 .222 .125 .347
通算:2年 18 53 47 2 10 2 1 0 14 4 0 -- 1 0 5 -- 0 6 -- .213 .288 .298 .586

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1938 阪急 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 36 9.0 8 0 2 -- 0 3 0 0 4 4 4.00 1.11
通算:1年 2 0 0 0 0 0 0 -- -- ---- 36 9.0 8 0 2 -- 0 3 0 0 4 4 4.00 1.11

背番号[編集]

  • 17 (1938年 - 1939年)

関連項目[編集]