岸滋彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岸 滋彦(きし しげひこ、1969年12月4日 - )は、日本中央競馬会の元騎手滋賀県出身。現在は調教助手で、栗東笹田和秀厩舎に所属している。

来歴[編集]

  • 厩務員だった父親の影響から騎手を目指し、1985年に第4期生として競馬学校に入学。同期には、岡潤一郎内田浩一らがいる。
  • 1988年、栗東・梅田康雄厩舎所属の騎手としてデビュー。初騎乗は、同年3月5日中京競馬場第2競走。トリプレックスに騎乗して5着だった。同年3月12日、中京競馬場第7競走においてダイタククルークで初勝利を挙げた。この年は、年間36勝を挙げる活躍をしたが、岡の44勝には及ばず、最多勝利新人騎手とはなれなかった。
  • 1989年 サンドピアリスエリザベス女王杯に勝利。初重賞勝利と初GI勝利を同時に達成した。これは当時の史上2番目の若さ(19歳11か月)でGIを制覇した騎手でもあった(前年1988年に武豊菊花賞で記録した19歳8か月でのGI優勝に次ぐ記録)。また、これは岸にとってGI初騎乗での勝利であった。
  • 1990年 エイシンサニー優駿牝馬に勝利。初のクラシック制覇を達成。2年連続の牝馬GI制覇に「牝馬の岸」の異名を得た。
  • 1991年 ダイタクヘリオスマイルチャンピオンシップを勝利するなど、自身最多となる年間69勝を挙げた。
  • これ以降も、1997年までは中堅騎手としてコンスタントな活躍を見せた。しかし、1998年に落馬事故、1999年8月には交通事故に遭って負傷。この怪我が尾を引き、次第に騎乗機会が減少し、2002年の夏からは調教に専念するようになった。
  • 2003年 騎手免許の更新を行わず、現役を引退。梅田康雄厩舎の調教助手に転向した。北出成人厩舎を経て、現在は笹田和秀厩舎に所属。
  • 2019年報知杯フィリーズレビューに於いて、プールヴィルと1着を分け合ったノーワン、この牝馬は彼が調教を担当している。

騎手成績[編集]

  • 平地成績 5672戦 431勝
  • 障害成績 0戦 0勝
  • 重賞勝利 16勝 (GI競走4勝)

主な騎乗馬[編集]

エピソード[編集]

  • 1990年に、私的にスキーに行っていたため、騎手免許更新の手続きを忘れたことがあった。この時は、反省のため1か月騎乗を自粛した。
  • 当時、関西の将来を背負う3人の一文字(の名字の)騎手の一人と評価されていた(ほかは豊、潤一郎であった)。
  • JRA調教師の宮本博は従兄。

関連項目[編集]