岸田國士戯曲賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岸田國士戯曲賞(きしだくにおぎきょくしょう)は、劇作家岸田國士の業績を顕彰するとともに、若手劇作家の育成を目的に白水社が主催する戯曲賞。新人劇作家の登竜門とされ、「演劇界の芥川賞」という異名を持つが、ベテラン作家の受賞も多い。

1955年に新劇戯曲賞として創設され、1961年新潮社岸田演劇賞を吸収合併して「新劇」岸田戯曲賞となった。その後、1979年に岸田國士戯曲賞と改称され現在に至っている。受賞者には正賞として記念時計、副賞として賞金が贈られる。

最年少受賞記録は、24歳の柳美里(第37回)。

受賞作品一覧[編集]

第1回から第10回[編集]

  • 第1回(1955年) - 該当作なし
  • 第2回(1956年) - 大橋喜一 『楠三吉の青春』、小幡欣治 『畸形児』
  • 第3回(1957年) - 該当作なし
    • 佳作 - 生活を記録する会・劇団三期会 『明日を紡ぐ娘たち』
  • 第4回(1958年) - 堀田清美 『島』
  • 第5回(1959年) - 該当作なし
    • 佳作 - 福田善之『長い墓標の列』、原源一『漁港』、広田雅之『友情舞踏会』
  • 第6回(1960年) - 小林勝 『檻』、早坂久子 『相聞』
  • 第7回(1961年) - 該当作なし
  • 第8回(1962年) - 宮本研 『日本人民共和国』、『メカニズム作戦』、八木柊一郎 『波止場乞食と六人の息子たち』、『コンベヤーは止まらない』
  • 第9回(1963年) - 山崎正和世阿彌
  • 第10回(1964年) - 人見嘉久彦 『友絵の鼓』、菅龍一 『女の勤行』

第11回から第20回[編集]

第21回から第30回[編集]

第31回から第40回[編集]

第41回から第50回[編集]

  • 第41回(1997年) - 松尾スズキ 『ファンキー! 宇宙は見える所までしかない』
  • 第42回(1998年) - 深津篤史 『うちやまつり』
  • 第43回(1999年) - ケラリーノ・サンドロヴィッチフローズン・ビーチ
    • 候補作
      • 岩崎正裕 『それを夢と知らない』
      • 鐘下辰男 『貪りと瞋りと愚かさと』
      • 土田英生 『きゅうりの花』
      • 内藤裕敬 『手の中の林檎』
      • 長谷川裕久 『花冠の大陸』
  • 第44回(2000年) - 永井愛兄帰る
    • 候補作
      • 天野天街『くだんの件』
      • 泊篤志『IRON』
      • 土田英生『その鉄塔に男たちはいるという』
      • はせひろいち『ダブルフェイク』
      • 長谷川裕久『堕天の媚薬』
  • 第45回(2001年) - 三谷幸喜オケピ!
  • 第46回(2002年) - 該当作なし
    • 候補作
      • 品川能正 『火計り』
      • 中谷まゆみ 『ペーパーマリッジ』
      • 長谷川孝治 『アザミ』
      • マキノノゾミ 『赤シャツ』
      • 和田憲明 『東亜悲恋』
  • 第47回(2003年) - 中島かずき 『アテルイ』
    • 候補作
      • 鐘下辰男『ルート64』
      • 土田英生『南半球の渦』
      • 蟷螂襲『前髪に虹がかかった』
      • 長塚圭史『マイ・ロックンロール・スター』
      • 長谷基弘『ダウザーの娘』
  • 第48回(2004年) - 倉持裕 『ワンマン・ショー』
    • 候補作
      • 大竹野正典 『夜、ナク、鳥』
      • 小川未玲 『ちゃんとした道』
      • 小里清 『BRIDGE』
      • 鐘下辰男 『アンコントロール』
      • 本谷有希子 『石川県伍参市』
  • 第49回(2005年) - 宮藤官九郎鈍獣』、岡田利規三月の5日間
    • 候補作
      • 小川未玲『もやしの唄』
      • 長塚圭史『はたらくおとこ』
      • はせひろいち『サイコの晩餐』
      • 東憲司『しゃんしゃん影法師』
      • 平田俊子『れもん』(上演台本)
      • 前田司郎『いやむしろわすれて草』
  • 第50回(2006年) - 佃典彦 『ぬけがら』、三浦大輔愛の渦
    • 候補作
      • 岩崎正裕 『音楽劇 JAPANESE IDIOT』
      • 長塚圭史 『LAST SHOW ラストショウ』
      • 東憲司 『風来坊雷神屋敷』
      • 前田司郎 『キャベツの類』
      • 本谷有希子 『乱暴と待機』

第51回から第60回[編集]

第61回から第70回[編集]

  • 第61回(2017年) - 上田誠『来てけつかるべき新世界』
    • 候補作
      • 市原佐都子『毛美子不毛話』
      • 長田育恵『SOETSU -韓くにの白き太陽-』
      • オノマリコ『THE GAME OF POLYAMORY LIFE』
      • 瀬戸山美咲『埒もなく汚れなく』
      • 林慎一郎『PORTAL』
      • 平塚直隆『ここはカナダじゃない』
      • 山縣太一『ドッグマンノーライフ』
  • 第62回(2018年) - 神里雄大『バルパライソの長い坂をくだる話』、福原充則『あたらしいエクスプロージョン』
    • 候補作
      • 糸井幸之介『瞬間光年』
      • サリngROCK『少年はニワトリと夢を見る』
      • 西尾佳織『ヨブ呼んでるよ』
      • 松村翔子『こしらえる』
      • 山田由梨『フィクション・シティー』
      • 山本卓卓『その夜と友達』
  • 第63回(2019年)- 松原俊太郎『山山』
    • 候補作
      • 坂元裕二『またここか』
      • 詩森ろば『アトムが来た日』
      • 瀬戸山美咲『わたし、と戦争』
      • 根本宗子『愛犬ポリーの死、そして家族の話』
      • 古川日出男『ローマ帝国の三島由紀夫』
      • 松村翔子『反復と循環に付随するぼんやりの冒険』
      • 山田百次『郷愁の丘ロマントピア』

選考委員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ タニノクロウ「地獄谷温泉 無明ノ宿」が第60回岸田國士戯曲賞を受賞”. ステージナタリー (2016年3月1日). 2016年3月1日閲覧。
  2. ^ 本日、第60回岸田國士戯曲賞の選考会が開催!最終候補作は8作品”. ステージナタリー (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。