岸野久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岸野久(きしの ひさし、1942年- )は、日本の歴史学者。元桐朋学園大学短期大学部教授。専攻は日本キリシタン史。

東京府八王子生まれ。1975年立教大学大学院文学研究科博士課程単位取得修了。桐朋学園大学短期大学部助教授、教授、2013年退任[1]。2000年「キリシタン開教期の研究」で立教大学文学博士

著書[編集]

  • 『西欧人の日本発見 ザビエル来日前日本情報の研究』吉川弘文館 1989
  • 『ザビエルと日本 キリシタン開教期の研究』吉川弘文館 1998
  • 『ザビエルの同伴者アンジロー 戦国時代の国際人』吉川弘文館 歴史文化ライブラリー 2001
  • 『ザビエルと東アジア パイオニアとしての任務と軌跡』吉川弘文館 2015

共編・監修[編集]

翻訳[編集]

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『ザビエルと東アジア』著者紹介