岸野里香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
岸野 里香
出生名 岸野 里香
別名 中東 里香(本名)
生誕 (1994-06-04) 1994年6月4日(27歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県加古川市[1]
ジャンル J-POP
ポップ・ロック
職業 歌手
アイドル
活動期間 2010年 - 2016年NMB48
2017年 - 2018年Over The Top
レーベル laugh out loud! records(NMB48)
DREAMUSIC(Over The Top)
公式サイト 岸野里香 (@kishinorikadayo) - Twitter
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年8月1日[2] -
ジャンル ファッション、日常
登録者数 1990人
総再生回数 80,974回
チャンネル登録者数、総再生回数は2021年8月16日時点。
テンプレートを表示

岸野 里香(きしの りか、1994年平成6年〉6月4日 - )は、日本歌手タレント[3]。ロックバンド・Over The Topの元ヴォーカル[4]、女性アイドルグループ・NMB48の元メンバーである[5]兵庫県加古川市出身[1]。身長162cm。O型[1]。夫はバスケットボール選手の中東泰斗

略歴[編集]

NMB48時代[編集]

2010年9月20日、『NMB48オープニングメンバーオーディション』に合格(応募総数7256名、最終合格者26名)。10月9日、『Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら』にてNMB48第1期研究生26名の1人として披露され、活動を開始した[6]

2011年1月1日、大阪市難波NMB48劇場において『NMB48 1期生「誰かのために」』公演を開始、選抜メンバー16名のうちの1人として劇場公演デビューを果たした[7]。2011年3月10日、NMB48第1期研究生25名の中から16人のうちの1人としてチームNのメンバーに選出された[8]

2012年1月13日、R-1ぐらんぷり2012に「岸野里香」名義で出場し、2月12日の2回戦まで進んで敗退した(NMB48の他のメンバーでは小笠原茉由(当時)が3回戦敗退)[9]

2013年5月から6月にかけて投票が実施された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』については、自身のブログにて立候補しない意向を伝えた[10]

2016年5月から6月にかけて実施された『AKB48 45thシングル選抜総選挙』では66位で、アップカミングガールズに選出された[11][12]が、同年8月27日、神戸ワールド記念ホールで開催された『NMB48 リクエストアワー セットリスト ベスト235 2016』にて、NMB48を卒業することを発表し[12]、10月15日にNMB48劇場において卒業公演を実施し、6年間にわたるNMB48としての活動を終了した[13]

NMB48卒業後[編集]

2017年2月20日、岸野がボーカルのロックバンド『Over The Top』を結成し同年夏にメジャーデビュー[4]。しかし2018年1月5日、バスケットボールBリーグ名古屋ダイヤモンドドルフィンズ中東泰斗と結婚することと妊娠していることを公表し、所属するバンドは解散することを発表した[14]

2018年8月1日に第一子の男児を出産し[15]、2年後の2020年11月26日に次男を出産した[1]

2021年8月15日に大阪城ホールで開催された『白間美瑠卒業コンサート〜みるるん、さるるん、ありがとう♡〜』にサプライズ出演し「制服が邪魔をする」を歌唱。2児の母となってから初の大舞台出演となった[16]

人物[編集]

  • 愛称は、りかにゃん[5]。愛称はなかなか決められず、同期生の福本愛菜(現:吉本新喜劇)に「一緒のにゃんにゃんコンビにしよおぜ」と言われて「りかにゃん」に決めた。その福本のことは「相方」と呼んでいる[17]。同期には、卒業生の森彩華が「あーにゃん」、同じく卒業生の肥川彩愛が「あやにゃん」と「にゃん」が付くメンバーがもう2人おり、4人合わせて「にゃんにゃん's」と呼ばれていた[18]
  • キャッチフレーズは「エレベーターに乗る時は横向き〜、集合写真は気持ち横向き〜、みんな大好き肩幅〜」で、かつては「得意科目は! 体育、音楽、数学、社会、でもやっぱり、里香(理科)〜〜!」だった[19]
  • 左利き。ただし、ボール系種目は右利き[20]
  • 好きな言葉は「運も実力のうち」である[21]
  • 性格を表すエピソードとしては、NMB48のメンバー内投票で「ひょうきん王」「オトナ王」に選ばれており、言動が面白いだけでなく、冷静で落ち着きがある[22]
  • 長所はポジティブなところ[23]
  • 小学生の頃、ジャズダンスを2年間習っていた[21]
  • 好きな食べ物はイクラ、あなご、もずく[5]オクラ、山芋、焼肉アイスクリーム。将来の夢は歌手、女優[21]
  • 趣味はドラッグストア巡り[23]、スポーツ、岩盤浴、買い物、カラオケ[5]
  • 特技はスノーボードバスケットボール[23]。ちなみにスノーボードは5歳から始め、4歳の頃はスキー場でそのときはスノーボードではなくスキーをやることにしていたが、スキーをやり始めてすぐに嫌になって投げ出してしまい、そり遊びに変えたが、父がスノーボードをやっているのを見てそりの上に立って父のスノーボードの真似をして、その1年後に本格的にスノーボードに挑戦したのがきっかけ[24]
  • 「R-1ぐらんぷり2012」では一人コントを披露。パーマのカツラにサングラスをかけ、スーパーマーケットで万引したおばちゃんを演じるというネタだった[25]
  • 保有資格は普通自動車運転免許[26]

NMB48[編集]

NMB48での参加曲[編集]

シングル選抜曲[編集]

AKB48名義

アルバム選抜曲[編集]

NMB48名義

AKB48名義

劇場公演ユニット曲[編集]

チームN 1st Stage「誰かのために」公演

  • Bird
  • 制服が邪魔をする

チームN 2nd Stage「青春ガールズ」公演

  • Blue rose

チームN 3rd Stage「ここにだって天使はいる」公演

  • この世界が雪の中に埋もれる前に(センター)

チームN 4th Stage「ここにだって天使はいる」公演

  • この世界が雪の中に埋もれる前に(センター)

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 愛の唄を歌おう(2014年1月10日 - 2月2日、東急シアターオーブ・オリックス劇場)[29]

CM[編集]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

  • 月刊ENTAME(2012年3月30日 - 2013年3月30日、徳間書店) - 「浪花女のお笑い修行道」を小笠原茉由と共同連載。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2014年12月までの番組名は『NMB48りかとあやかのガールズ☆ト〜ク』。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 自己紹介”. 中東里香オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2021年2月26日). 2021年8月16日閲覧。
  2. ^ Kishino rika ch 【初めまして】ご挨拶とご報告 - YouTube(2020年8月1日)2021年8月16日閲覧。
  3. ^ a b “元NMB48・岸野里香がラジオで神戸の魅力PR”. デイリースポーツonline (デイリースポーツ). (2016年11月8日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/11/08/0009648723.shtml 2016年11月8日閲覧。 
  4. ^ a b “元NMB48岸野里香、再始動はロックバンドで「てっぺんとったんで!」”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年2月20日). http://natalie.mu/music/news/221412 2017年2月20日閲覧。 
  5. ^ a b c d 岸野 里香|メンバー|NMB48公式サイト”. NMB48公式サイト. KYORAKU吉本.ホールディングス. 2016年4月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年4月16日閲覧。
  6. ^ “NMB48第1期生26名、AKB48秋祭りでサプライズ披露”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2010年10月9日). https://natalie.mu/music/news/38903 2016年6月4日閲覧。 
  7. ^ “目指すは城ホール! NMB48初公演が本日スタート”. ナタリー (ナターシャ). (2011年1月1日). http://natalie.mu/music/news/42881 2016年6月4日閲覧。 
  8. ^ “NMB48チームN結成「新たなスタートラインに立った」”. ナタリー (ナターシャ). (2011年3月10日). http://natalie.mu/music/news/46233 2016年6月4日閲覧。 
  9. ^ 結果速報[リンク切れ] - 東洋水産R-1ぐらんぷりスタッフブログ(2012年1月13日-2月12日)[リンク切れ]
  10. ^ 岸野里香 (2013年4月8日). “里香(*uωu*)握手会。選挙”. NMB48オフィシャルブログ. CyberAgent. 2013年4月8日閲覧。
  11. ^ AKB48 45thシングル選抜総選挙 開票結果”. AKB48オフィシャルブログ (2016年6月18日). 2016年9月13日閲覧。
  12. ^ a b “NMB1期生・岸野里香が卒業発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年8月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2077485/full/ 2016年9月13日閲覧。 
  13. ^ “NMB岸野里香が卒業 ソロデビュー目指し決断”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2016年10月15日). http://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/1724874.html 2016年10月15日閲覧。 
  14. ^ “元NMB48岸野里香、Bリーグ名古屋・中東泰斗選手と結婚&妊娠を発表 バンドは解散”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年1月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2103659/full/ 2018年1月5日閲覧。 
  15. ^ 岸野里香の2018年8月4日のツイート2018年8月4日閲覧。
  16. ^ “NMB48最後の1期生、白間美瑠卒コンに山本彩、渡辺美優紀ら同期集結 みるるんが“妹”に戻る”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年8月15日). https://www.oricon.co.jp/news/2203590/full/ 2021年8月16日閲覧。 
  17. ^ りか(*μзμ)りか”. NMB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2011年3月7日). 2021年8月16日閲覧。
  18. ^ 写メ展示会♪あいにゃん(´`)★ - NMB48 オフィシャルブログ(2011年7月11日)[リンク切れ]
  19. ^ りか(´・ω・`) りか”. NMB48 オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2011年1月13日). 2021年8月16日閲覧。
  20. ^ 岸野里香 (2011年2月17日). “りか(*μзμ)りか”. NMB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2011年2月17日閲覧。
  21. ^ a b c d 『NMB48 COMPLETE BOOK 2012』光文社、2012年3月2日。ISBN 9784334901844。[要ページ番号]
  22. ^ 『B.L.T.-NMB48版 Vol.3』(東京ニュース通信社[要ページ番号]
  23. ^ a b c d 岸野里香 NMB48名鑑”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2014年6月7日). 2014年6月7日閲覧。
  24. ^ NEW(uωu")里香”. NMB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント (2011年10月20日). 2021年8月16日閲覧。
  25. ^ “NMB48小笠原茉由と岸野里香R-1初戦突破! アイドル2分間捨てた”. News Lounge (モバイルメディアプロダクション). (2012年1月14日). http://newslounge.net/archives/4169 2012年1月14日閲覧。 
  26. ^ MBSラジオNMB48のTEPPENラジオ』2014年9月23日[1]
  27. ^ 岸野里香 (2011年1月27日). “りか(*・ω・艸)りか”. NMB48オフィシャルブログ. サイバーエージェント. 2011年1月27日閲覧。
  28. ^ 中塚智実 - Google+(2012年3月10日)[リンク切れ]
  29. ^ “槇原敬之曲のミュージカルにキスマイ北山、川畑、ROLLYら”. ナタリー (ナターシャ). (2013年11月12日). http://natalie.mu/music/news/103353 2016年6月4日閲覧。 
  30. ^ “グリコ、「ブレオ」とNMB48のコラボレーションCMを期間限定公開”. navicon (ナビコン). (2011年2月28日). http://navicon.jp/news/10852/ 2016年6月4日閲覧。