峯島正行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

峯島 正行(みねしま まさゆき、1925年12月7日[1]-2016年11月18日[2])は、神奈川県出身の日本編集者評論家

経歴[編集]

横浜市生まれ。1947年横浜専門学校(現在の神奈川大学)を卒業。1950年早稲田大学文学部社会学専攻を卒業して実業之日本社に入社。1959年漫画サンデー』創刊に伴って同誌編集長に就任。漫画集団の漫画家たちと交友した[3]

1970年に『漫画サンデー』を退いて文芸書出版の拡充事業に携わり、1972年に『週刊小説』創刊を企画し、同誌編集長に就任。同誌の創刊ブレーンは五木寛之生島治郎尾崎秀樹筒井康隆だった[4]。『漫画サンデー』時代の縁で梶山季之、その紹介で柴田錬三郎黒岩重吾の連載で創刊号を飾った。1980年、有楽出版社を創業、同社社長となる。2001年同社顧問に就任。

1992年『ナンセンスに賭ける』によって大衆文学研究賞を受ける。1993年同書によって日本漫画家協会特別賞を受ける。2010年『荒野も歩めば径になる ロマンの猟人・尾崎秀樹の世界』で大衆文学研究賞特別賞受賞。

日本漫画家協会会員。日本文芸家協会日本ペンクラブ名誉会員。大衆文学研究会会員・顧問[5]、幹事、神奈川支部長。

著書[編集]

  • 『現代漫画の50年 漫画家プライバ史』青也書店 1970
  • 近藤日出造の世界』青蛙房 青蛙選書 1984
  • 『ナンセンスに賭ける』青蛙房 1992
  • 『評伝・SFの先駆者今日泊亜蘭 "韜晦して現さず"の生涯』青蛙房 2001
  • 『さらば銀座文壇酒場』青蛙房 2005
  • 『荒野も歩めば径になる ロマンの猟人・尾崎秀樹の世界』実業之日本社 2009
  • 『回想 私の手塚治虫―『週刊漫画サンデー』初代編集長が明かす、大人向け手塚マンガの裏舞台』山川出版社、2016年

編纂[編集]

  • 『The 筒井康隆』1-2 編 有楽出版社 実業之日本社 1981-82
  • 杉浦幸雄『当世おんな風俗画集』編 青蛙房 青蛙選書 1988

脚注[編集]

  1. ^ 『文藝年鑑』2008
  2. ^ 『文藝家協会ニュース』12月号
  3. ^ 『回想 私の手塚治虫』P.11
  4. ^ 『THE 筒井康隆』後書き(筒井康隆)
  5. ^ 『荒野も歩めば径になる ロマンの猟人・尾崎秀樹の世界』実業之日本社 序文・伊藤桂一